カテゴリ:爺通信( 38 )

 

安倍首相、アグネスチャンの息子の結婚式に出席

3月28日夜8時頃より約2時間
安倍晋三首相は、東京、恵比寿のレストランで、
アグネスチャンの息子の結婚式に出席した。
森友学園問題や、働き方改革の出鱈目データーの
問題で、国民の支持率が大幅に下がった首相
なぜ、外国人の(アグネスは、英国籍)結婚式に出席したのか
それも2時間たっぷり
暇なんだなー
北朝鮮問題、米国貿易戦争問題
問題山積
何でアグネスチャンなのか、極めて遺憾


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2018-03-30 19:18 | 爺通信 | Comments(0)  

デパートの中でお祈りしないでよ

d0038545_21281359.jpg


心斎橋大丸の地下の化粧品売り場で
異様な風景が
スカーフをかぶった外国人女性たちの
お祈りである
エスカレーターと化粧品ブースの間の
ちょっとしたスペースで、シートひいては
お祈りしている。
きっとSNSで、ここならお祈り出来ると
紹介されているのだろう。
デパートは夢を売る空間を提供する
商売だから、これは。やめてほしい
大丸さん日本人富裕層が寄り付かないですよ。
[PR]

by minamihorie | 2018-03-21 21:30 | 爺通信 | Comments(0)  

内視鏡で、大腸検診受けました

月曜日に内視鏡検査受診しました。
担当医から、ポリープなどが見つかったら
その場で切除しますと告げられていました。

軽い麻酔がかかったみたいで、気がついたら
ポリープ3つ切除したと言われました。

経過観察のために一晩泊まってくださいと言われて、
そのまま病室のベッドへ
パラマウントの頭も足も高さ調節できるベッドで
非常に快適
但し、流動食のメニューを飲みながら
健康に食事できるありがたさを感じた次第です、

d0038545_21170733.jpg


ポリープの場所
[PR]

by minamihorie | 2018-03-14 21:07 | 爺通信 | Comments(0)  

念頭の雑感、日本人の夢

日本経済は好調だという
人手不足で、ベトナム人やネパール人を連れてきて
安い賃金で働かせようとしている
日本人の若者がやりたがらない仕事をさせるのだという

どうして、日本人の若者がやりたがらないのか
そこを掘り下げないまま、技能研修性や、日本語学校
へ入ってくるアジア系の若者が膨大な数となっている

どうして、日本人の若者が、居酒屋の店員や
コンビニの店員、それに農業や漁業関連の
仕事を敬遠するのか
夢がないからか、一日中おんなじ動作の作業だからか
賃金が低いからか、それの複合か

いやいや、日本にはそもそも探すべき夢が
無くなってしまっている。
何を持って夢というのか
医者や政治家になる事か、
野球選手になることか

夢自体がなくなっているから、自分の夢を探すことも
いいか悪いかも判断できない
それぞれがSNSの情報を見て流されている

引きこもりの15歳から40歳の人口が50万人だという
かれらの夢は何なのか
彼らが外に出て働いてくれれば
人手不足もかなり解消するのだが


[PR]

by minamihorie | 2018-01-05 22:42 | 爺通信 | Comments(1)  

下関を散策

下関市へ行ってきました。
泊まったのは、料理旅館の「みもすそ川別館」
そちらには、なんと94歳で旅館のお仕事を
なさっている女性がおいででした。
お部屋のお掃除や、お客さんの靴を揃えたり
食堂でお茶を出されたり、
姿勢がよく、立ち姿がすらりとしておいでです。
動きはゆっくりですが、逆に優雅な感じがしました。

聞けば、経営者のおばさまに当たられるとか。
戦争中は赤ちゃんをおぶって、B29の焼夷弾から
走って逃げたそうです。
戦後は新幹線が東京から通じ
橋やトンネルができ
バブル経済が始まって消え
昭和の歴史の生き証人です。

私の孫(3歳)と90歳離れています
孫に向かって、「また来てくださいね」
とおっしゃってくださいました。
次回もしも宿泊する機会がありましたら
ぜひお元気でお目にかかりたいと思っています。
d0038545_20370306.jpg
入り口には登城太鼓が飾られている

d0038545_20392521.jpg
    夕食を食べた部屋には黒田征太郎の書いた屏風が

d0038545_20414119.jpg
      旅館の前は壇ノ浦の古戦場、関門海峡の潮流

d0038545_20425143.jpg
近くには火の山に登るケーブルカー駅がある
火の山からの眺め
朝鮮半島から攻めてきたら、ここで狼煙をあげて都に急を伝えたそうです


[PR]

by minamihorie | 2017-09-13 20:44 | 爺通信 | Comments(0)  

サンクトペテルブルク見てきたまま ⑧ ファベルジエミュージアム

アレキサンダー三世やニコライ二世が皇后や皇女のために作らせた
イースターエッグ、アクセサリーなどの身の回りの光り物を
展示している美術館です。
時計、煙草いれ、ブローチ、体温計、食器、などの超豪華な小物たちが
輝いています。
エナメル細工の粋を極めたイースターエッグは現存しているものが少なく、
一つ何億円だかの値打ちがあるそうです。
どれもロマノフ王朝の支配力の強さを体現していて怪しく輝いています。
この美術館は3‐4年前にオープンしたそうですが、早くも
サンクトペテルブルク観光の目玉の一つとなっています。
d0038545_16183768.jpg

d0038545_16202560.jpg

d0038545_16212346.jpg

d0038545_16214601.jpg

d0038545_16225181.jpg

d0038545_16231914.jpg
d0038545_16245661.jpg

[PR]

by minamihorie | 2017-06-06 16:09 | 爺通信 | Comments(2)  

大阪のおばちゃん頑張る

大丸梅田店の地下2階には、オムライスの北極星という
カウンター10席にも足らない店があります。
店の前で何だかもめているので様子を伺うと、おばさんの前に、中国人の若い女性が2人順番待っていた。
そしたら、仲間の3人が後から来て、前の2人の所へ入ろうとした。
おばさんは、敢然と中国人グループのやり方に抗議、
「並んでないのに私の前に入り込むな❗」
ということです。
中国人も負けずに入り込もうとする。
おばさんは絶対ゆずらない。
店員の女性も困っていた。
結論まで見ていなかったが、これが異文化の衝突。
問題が大きくなると、移民排斥とか、トランプ現象となる。
異文化体験は遊びでやってる分にはいいが、実際は衝突するのである。
d0038545_19203557.jpg

[PR]

by minamihorie | 2017-05-27 19:04 | 爺通信 | Comments(2)  

インバウンドはもうたくさん

インバウンドに席巻される日本
インバウンドが猛威をふるう難波周辺
インバウンドに荒らされる京都や奈良の観光地
もうやめて
日本人の町でなくなった大阪市
特区でやりたい放題の安倍政権は退陣だ
d0038545_21462285.jpg


地下鉄御堂筋線心斎橋駅ホームで子供3人と弁当食べるインバウンド

d0038545_21472146.jpg

大家族で地下鉄御堂筋難波駅、一つの乗り降り場所を占領するインバウンド
[PR]

by minamihorie | 2017-05-25 21:42 | 爺通信 | Comments(2)  

サンクトペテルブルグ見てきたまま ⑥ 個性的な教会たち

ロシア正教会の大教会が、サンクトペテルブルグを代表する
観光名所になっている。
一つは、はナポレオン戦争の戦勝記念の場所として建立された
カザン大聖堂と呼ばれる、市内の大通りに面した大教会です。 
こちらは厳然たる宗教施設で、内部は撮影禁止
脱帽して十字を切って入らなければなりません。
ロシア政教では十字を切るのは、頭→みぞおち→右胸→左胸
の順になります。
d0038545_11085281.jpg

次が血の上の救世主教会、玉ねぎ頭の独創的な姿で、とても目につきます
こちらは、観光客が写真を撮ったりできる、いわゆる観光施設です。
写真撮影もフラッシュ使わなければOKです。
内部の装飾もすばらしく、アレキサンドル二世が暗殺された場所
という暗いイメージはありません。
d0038545_11174066.jpg
d0038545_11184192.jpg
d0038545_11202381.jpg
d0038545_11192426.jpg
最後は、ピヨトール大帝の守護霊を祀ったという、イサク大聖堂
1858年に40年の歳月と10万人の農奴の血と汗を使って建設された、
高さ100メートル超えの巨大な構造物です。
ドームを支える円柱は、高さ17メートル重さ114トンの花崗岩が
112本使われている。同じ絵画を、油絵とモザイクでそっくりに
描いているのもすごい。内部はモザイクがふんだんに使われていて
費用と手間暇を惜しまなかった、ロマノフ王朝の当時の栄華がよくわかる。
ドームの上にも上ることができ、市内が一望にできる。
 
d0038545_11320993.jpg

イサク大聖堂の全景

d0038545_11333050.jpg
内部のものすごい装飾
d0038545_11343376.jpg

d0038545_11355066.jpg
d0038545_11364377.jpg
ドームの上からの眺望
高い建物は制限されている



[PR]

by minamihorie | 2017-05-22 11:39 | 爺通信 | Comments(2)  

サンクトペテルブルグ見てきたまま ⑤ エルミタージュ美術館の印象派絵画

エルミタージュ美術館本館には、ルネッサンス期の巨匠
たちの作品が展示されている。
本館前面のエルミタージュ広場をはさんで向かい側には
新館と呼ばれる建物があります
ここには、入りきれなくなった絵画、おもに印象派と
呼ばれる画家たちとマチスやピカソなどの作品が
展示されています。
特に素晴らしいのは、マチスの作品で、あんまり
美術館のグッズを購入しないおっさんも、ここで
レプリカ(キャンバス地に印刷したもの)を買いました

これらの作品は主に新館3階に展示してあるのだが、
建物の構造が複雑で、かなりの距離を歩いた気がする
ただ、新館にまで足を延ばす中国人が少ないので
本館の混雑や、飛び交う中国語、レンブラントや
ダビンチの作品の前での撮影会のような騒動がなく
静かに鑑賞できたのは良かった。



d0038545_21434422.jpg
本館の展示
ダビンチの聖母子
d0038545_21444325.jpg

d0038545_21491783.jpg

d0038545_21454940.jpg
          超有名なラファエロの回廊
d0038545_21531244.jpg

レンブラントの奥さんを花の精に見立てた作品
d0038545_22065379.jpg
レンブラントの自画像
d0038545_22094286.jpg
新館の展示
ルノアールの恋人たち
d0038545_22122241.jpg

マチス
d0038545_22135481.jpg

これも有名なマチスのダンスする人



おっさんの気に入ったマチス
d0038545_22155298.jpg
d0038545_22145195.jpg




[PR]

by minamihorie | 2017-05-12 21:37 | 爺通信 | Comments(2)