久しぶりに静かな京都


東山魁夷展覧会を鑑賞しに京都へ
京阪四条から、循環市バスで岡崎公園へ
国立近代美術館へ入るのは実は初めて、
東山魁夷画伯の描いた唐招提寺の襖絵が凄い。
唐招提寺が修理中で、その間襖絵を京都へ持ってきて
公開しているようである。唐招提寺は、いうまでもなく鑑真和尚が開いた名刹ですが、東山魁夷画伯が描いたのは、
鑑真和尚の故郷の楊州や黄山の風景。

画伯は現地でスケッチを約2000枚も描き
中でも黄山には70歳の時に登って筆を取ったとのこと。
おっさんは、黄山には行ったことがないので、是非画伯を
見習って出掛けてみたいです。

また、関西空港が閉鎖されている、岡崎公園辺りの
静かなこと。平安神宮も穏やかな雰囲気に包まれていました。
この静けさも一時の事かと思うと、情けないような悲しいような❗我が国の観光政策の「何でもかんでもインバウンド」を、
改めるべきと強く思いました。
d0038545_21294551.jpg
d0038545_21301154.jpg

阪急電鉄の特急も席が空いている

d0038545_21315155.jpg

d0038545_21322577.jpg

静かな平安神宮

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
[PR]

by minamihorie | 2018-09-19 21:10 | 散散歩京都 | Comments(0)  

<< 一日24億円損失ですと 台風のおかげで落ち着いた日常を... >>