万博記念公園で、ドイツ人女性と会話する

天気がよかったので、万博記念公園へ出掛けた
48年前に(戦後僅かに25年しか経っていない)
これだけのプロジェクトを実行した事実に敬意

今は梅祭りの季節で人出も凄かった

その中で、一人の背の高い金髪の女性と
梅園や、林の中の空中回廊で遭遇

その哲学的な風貌や、一人で自然観察している
姿から、これはドイツ人に違いないと判断し
展望台で、3度目出会った時に、失礼ながら
「ドイツ人ですか」、と問いかけました。

彼女はビックリした様子で、しかも上手な日本語で
「どうして私がドイツ人とわかったのですか。❔」

「一人で自然観察しながら思索する民族は
ドイツ人だと判断したのです。」
と言うと、納得したようすだった。

聞けば、以前、留学生として在籍していた大阪大学で
今は情報処理工学の助手だか助教のポストを
得ていますとのこと。
2回目の来日である。

いかにも聡明そうな方が日本ファンになってくれて、
うれしい限りです。
d0038545_21355802.jpg

万博公園の蒸気機関車風のバスです
[PR]

by minamihorie | 2018-03-11 21:14 | Comments(0)  

<< 内視鏡で、大腸検診受けました 唐代胡人俑展示会の韓国人のふるまい >>