念頭の雑感、日本人の夢

日本経済は好調だという
人手不足で、ベトナム人やネパール人を連れてきて
安い賃金で働かせようとしている
日本人の若者がやりたがらない仕事をさせるのだという

どうして、日本人の若者がやりたがらないのか
そこを掘り下げないまま、技能研修性や、日本語学校
へ入ってくるアジア系の若者が膨大な数となっている

どうして、日本人の若者が、居酒屋の店員や
コンビニの店員、それに農業や漁業関連の
仕事を敬遠するのか
夢がないからか、一日中おんなじ動作の作業だからか
賃金が低いからか、それの複合か

いやいや、日本にはそもそも探すべき夢が
無くなってしまっている。
何を持って夢というのか
医者や政治家になる事か、
野球選手になることか

夢自体がなくなっているから、自分の夢を探すことも
いいか悪いかも判断できない
それぞれがSNSの情報を見て流されている

引きこもりの15歳から40歳の人口が50万人だという
かれらの夢は何なのか
彼らが外に出て働いてくれれば
人手不足もかなり解消するのだが


[PR]

by minamihorie | 2018-01-05 22:42 | 爺通信 | Comments(1)  

Commented by wenniao at 2018-01-31 11:13
ここ数年でずいぶん様がわりしましたよね。
私が思うには若者たちは夢がないというか、時代が「夢を追い求めろ、夢はかなう」という風潮だったので理想を追い求める事はあっても現実を受け止められてないように感じます。
J-POPにしてもそんなような内容ばっかり。そんな曲聞いて育ったら将来バラ色だと思いこんじゃう。
実際の世間は我慢したり、諦めることの方が多いですもん。
親世代の財力もあるから働かなくてもなんとかなってますしね。

<< カズオ.イシグロの「日の名残り」 福袋を買い占める中国人 >>