2005年を振り返る 会社編

2005年はおっさんにとって、強く記憶に残る年になるでしょう。
いい内容ではなくです。
2月から、会社の社員さんのことで、いろいろありました。

だいたい、零細企業といえど、何人かの社員さんの生活がおっさんに
かかっているのですから。
おっさんの規模(社員4人)くらいの会社は、親子兄弟、親戚縁者で、
仕事しておられるところが圧倒的です。
正社員さん雇って、厚生年金、健康保険、雇用保険
夏冬のボーナス、退職金の積み立て、通勤手当、払って、しかも病気などで
休まれると、おっさんがその分走り回らねばなりません。
社員さんだと、彼らの権利を尊重しなければなりません。

家族、兄弟の場合は、残業手当も不要だし、休日だろうが夜中だろうが
働かねばならないときは、働きます。
でも、いいことと、悪いことは裏表ですからね。 もしかするとおっさんのように
身内が81歳の月に1-2回2時間ほど顔をだすだけの、会長ひとりだから、
やっていけてるのかもしれません。
[PR]

by minamihorie | 2005-12-30 21:55 | その他 | Comments(0)  

<< 2005年を振り返る 読書編 小学生の作文を読む >>