三宅八幡宮

三宅八幡宮は、出町柳からさらに北に向かった、高野川の
流域に鎮座しておられます。
遣隋使の役目を請け負った小野妹子が、筑紫国の
宇佐のあたりで病気になった時、宇佐八幡宮に祈願したら
たちまち全快したそうな。
役目を終えて帰京したのち、八幡様に御礼するため、この地に
宇佐の神様を勧進されたそうな。
その後、備後三郎三宅高徳という、南朝の忠臣が、このお宮さんに
深く帰依されたことから、「三宅八幡宮」 という名前が
一般的になったそうです。
こちらのお宮さんのシンボルはです
白い鳩が神様のお使いであらわれたそうです。

鳩といっても、今話題の、元総理の
ルーピー鳩とは全く関係ありません。念のため。

また、昔から、子供の守り神としても有名だそうで
赤ちゃんの誕生を感謝し、育児への御祈りを祈願した
絵馬が多く奉納されています。
よだれかけに願い事を書いて、拝殿に供えておいでです。
夜泣き、虫封じに御利益があるという

d0038545_18335915.jpg
   深い緑に覆われている境内の様子、緑は比叡山に続いているのですね

d0038545_18321948.jpg
           珍しい狛鳩が参拝者を出迎えます




d0038545_18331963.jpg
比叡山の山から流れてきた地下水がわき出ています
ポリタン持ってたので組んで帰りました
注ぎ口がないので、ホースを持参するのがお勧め
d0038545_18342360.jpg
涼しげな噴水のある池、水がきれい

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

[PR]

by minamihorie | 2016-08-04 18:54 | 散散歩京都 | Comments(0)  

<< 福原愛、無念、中国のお化けに敗れる 不動産登記と外国人 >>