在北京 熊猫

北京動物園の目玉といえばパンダさん。
23年前のことですが、しっかり写真撮っていました
パンダに手の届きそうな囲いの中で悠々とひっくり返って
昼寝中のもいた。
まだ生きているかな。

吃素菜能延年益寿

d0038545_19584275.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-09-06 20:10 | Comments(0)  

在北京 23年以前 老風多

23年前 昭和57年に北京で撮影したネガをCD-ROMに落とし込んだ。
毛沢東さんが亡くなって5年目であった。
北京にはまだ、人民服姿の人をたくさん見かけたことを覚えています
その中にフータ君のおじいさんを見つけました。
北京動物園でのスナップです
時空を超えてよみがえったフータ君
このときは立っていませんでした。
d0038545_21482958.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-09-05 21:51 | Comments(0)  

老毛 好久没見了

毛沢東さんの写真を掲げている飯店が上海にありました。
1977年に没しておられますから、もう38年にもなります。
壮絶な内戦、北伐、日本軍との戦いを勝ち抜いた毛沢東さんは
最後の権力闘争であった、文化大革命を発令し、
人々に新たな苦難を与えたと、現在では評価されています。
しかし、当時の評価は、革命家、人民の英雄、偉大なる指導者と
まるで、北朝鮮の領主様を連想してしまいます。
中でも朝日新聞をはじめとする日本のメデイアは、「紅衛兵の目は
光っていた」 などと報道していましたね。
懐かしい方にお会いできてよかったです
d0038545_2045020.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-09-04 20:47 | 学習中文 | Comments(0)  

中国語検定2級を目指して

8月28日
いよいよ中国語検定2級にいどむことになりました。
一緒に勉強しているみなさんも挑戦すると言っておられます。
受験料約7000円
ちょっと高いと思うのですが、これくらいリスクがあると必死で勉強
するのかもしれません。
年齢的にだんだん暗記がきつくなってきていますが、
好きな事だと、続けることができると思います。
中国旅行でこれから行きたいところが、それこそ山ほどあります
黄山、黄龍、泰山、長春(新京) 等々
学習仲間といけたらいいですね。
[PR]

# by minamihorie | 2005-08-28 21:14 | 学習中文 | Comments(1)  

上海的風景

エジプト人去りて、チュニジア人来る。
チュニジアの留学生のお嬢さんから、日本語勉強のための
方法を相談されました。
こちらも日本語がそう達者じゃないので、こまりました。

d0038545_22461710.jpg

南京東路の風景
d0038545_22465410.jpg

黄浦江には、中国海事の駆逐艦が見える
[PR]

# by minamihorie | 2005-08-27 22:51 | 学習中文 | Comments(0)  

社会保険料がどんどんアップ

8月26日
厚生年金料率が、毎年アップしていきます。
だれも文句いわないのですかね。
文句言ってもしょうがないとあきらめですか。
郵政の問題も大事でしょうが、郵便料金は封書基本80円
郵パック500円の世界ですからね。
それに引き換え、厚生年金は、一人何万円の世界で企業が半分負担です。
企業といっても、零細企業の場合は、親方が自分の懐を気にしながら
しょうことなしに払っている状態です。
正社員の比率があがらないのは、企業が半分負担という厳しい
現実があるからですね。
社員の人は、自分の給与から引かれている金額には敏感ですが
会社が払っていることには、無関心ですからね。 ま、それは
仕方がないことでしょうが。
郵政、郵政には決してだまされないように注意しましょう
[PR]

# by minamihorie | 2005-08-26 21:01 | 日本的社会主義社会 | Comments(0)  

雑技の技

雑技は、何回見ても楽しい。
今回見たのは、雲峰劇場で、演技目も多く見ごたえあった
演技者は小柄な人が多かったです。
d0038545_2023348.jpg
d0038545_20232150.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-08-22 20:30 | 学習中文 | Comments(0)  

著作権侵害になるかな

上海博物館の秘宝を撮影してきました。
青銅器室は、フラッシュの影響がないからか
警備員もとがめていません
さすがに、絵画などは、遠慮しました
大きさも大きいし、姿、デザインも美しいし
何千年も前によくも作りましたね。

d0038545_2121382.jpg

酒を入れる器が立派
d0038545_2123950.jpg

アヒルや、お魚の飾りがいい
d0038545_2124994.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-08-21 21:17 | 学習中文 | Comments(0)  

上海に戻る 偽切符事件

蘇州古典庭園の代表を楽しんだ私たちは、蘇州駅から上海へ戻ろうとした
蘇州駅もものすごい人ごみである。 南京ー上海間といえば、日本なら
東京ー大阪間のようなものであるはずだが、本数が少なすぎる。
あまり人の移動を好んでいないように見える。
待合室で40分程じっとしているが、お乞食さんが、手を出しながら回ってくる
どこから入ることができるのだろうか。 一般的に中国の鉄道は警備がうるさい
はずなのだが、 寝たふりをしてやりすごす。
時間ぎりぎりにホームへ降りるゲートが開く
みなホームへ急ぐ。  南京から上海行きの列車で、混雑は予想していた。

d0038545_17514024.jpg

蘇州駅の待合

指定席は列車の2階席であったので、人を掻き分け座席を探す
案の定座っている人がいる。
ここは私の席ですと、切符を見せると、しぶしぶ席を空けた
そのとき仲間の方の様子がおかしい。
やはり、先に座っている客がいたのだが、なんと、指定券を持っている。
同じ日付けで、同じ列車番号、座席番号だ。
ダブルブックかと切符を見比べて、困っていたとき、近くの中国人乗客が
相手の若い女性の持っている切符を見て、おかしいと言っている。
私たちには区別がつかないが、「まずい」と思ったのか、女の子たちは
そそくさと、ほかの車両へ姿を消してしまった。
後で思えば偽切符で、カラーコピーでもしたものなのだろう。
やっとの思い出4人席を確保した。
私だけ少し離れた座席となったが、上海まで50分、毎日通勤している所要
時間である。 前にはインテリ風の若い男性2人、友達かと聞くと、英語で
たまたま乗り合わせただけだという。  like you and me
などとしゃれた文句を吐く。 機械制御のソフト開発エンジニアだという
英語で話すはめになったが、相手もそれほど流暢ではない。

途切れ途切れに話していると、上海到着直前に、南京事件の話題を
持ち出してきた。  「来た」  と思ったが、さすがにこういう場合、
あからさまに否定することもできず、なるほど中国人市民に対して
南京事件30万人の誇張された姿に異議をとなえる難しさを感じた。
相手は情報統制された国の人たちである。日本人同士で言い合ったり
日本国内での無責任なネット書き込みとはわけが違う。
もう少し時間があれば、南京記念館を訪問したときの感想なども
細かく話したかったのであるが、到了上海でお開きとなってしまった。
d0038545_18242741.jpg

2階建て列車に乗り込むおっさん
[PR]

# by minamihorie | 2005-08-20 18:26 | 学習中文 | Comments(0)  

蘇州にて 拙政園

拙政園は、蘇州観光のメインスポットである。
中国4大庭園のひとつで、蘇州でも最大の広さの庭園だ。
水と石が、見事に調和した、日本にはないスケールと多彩な植栽を持つ。
今回私が楽しみにしていた場所である。
ちょうど蓮の花の季節で、蓮の花の臭いをはじめて嗅いだ。
ちょっと、レモンのような、さわやかな香りだった。
さすがに観光客も多く、国籍もさまざまで、英語、スペイン語、フランス語
何語だかわからない言葉が、飛び交っている。
蘇州の庭園は、隠棲した、文人が作ったといわれているが、これだけの
庭園を造り、維持していけた財力はどこから湧いていたのだろうか。
蘇州という地の物資の集積地としての重要性がよくわかる。
庭を出てから、近くの喫茶店で飲んだスイカジュースがとてもおいしかった
d0038545_20174567.jpg

蓮に囲まれた亭
d0038545_20175752.jpg

[PR]

# by minamihorie | 2005-08-17 20:19 | 学習中文 | Comments(0)