<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

NHKスペシャルで知る日中交流の実態

知日 という雑誌を出版している北京の30歳代の
中国人の活動や、彼に賛同する中国人たちを取材した
番組がNHKで放映されていたので、視聴した

年間600万人の中国人が日本旅行を楽しむ現在、
中国人たちの間では、空前の日本旅行ブームが
巻き起こっている。
そして、「爆買い」から、体験型の旅行に流れが
変わってきているのだという。
大陸では、前の王朝の残した遺産は、全否定されるので
日本のような1000年前の寺院とか、500年前から
継承されているお祭りとかはお目にかかれない。
明の時代の文物は、残っているものがあれば、国宝級

日本の文化は、支配者が変わっても全否定されることが
なかったので、中国人には新鮮に見えるようである。
和服、和菓子、和食、古民家、職人の作る工芸品
などに興味を抱く中国人は多い。

番組の中で、刘柠さんという武漢大学の教授が
話していた内容が興味深い

いわく、
これまでの日中交流は、本当の交流でなく
政府と政府の交流、経済的な利潤の追求のための交流
であったが、ここにきて、VISAの条件緩和などで
中国人の大衆が初めて日本という社会を直接自分で
体験したのである。

大量の中国人の日本への入国は、中国社会に
大きなインパクトを与えているようだが、
日本人の間では、やってくる大量の中国人の姿に
接して、大きな変化があったのだろうか。
ただ、お金を持ってくる、客にしか映っていないのでは
ないだろうか。

爆買い、しない中国人は、ただの騒がしい人たちであり
できれば、中国人の一般大衆より、欧米の金持ちの
お客様に来日してほしいというのが本音ではないだろうか






にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2017-08-21 21:22 | 学習中文 | Comments(0)  

遼寧省見てきたまま ⑦ 愛親覚羅の発祥の地

瀋陽は、清王朝をうちたてた、愛親覚羅に一族の興った
遼寧省の中心都市なので、創業者のドルゴンや
ホンタイジの陵墓が市内に世界遺産として保存されている


          ヌルハチのお墓である福陵の入り口
d0038545_23135528.jpg


中国の伝統である風水に厳格に従った陵墓なので
北側が高くなり、南が低く、池や川が流れている
そして、いかにも気の流れの良さそうな場所と感じます

         太宗(ホンタイジ)のお墓、昭陵の隆恩門

d0038545_21023443.jpg

北京へ遷都するまでは、瀋陽が首都だったので
規模は北京の故宮に比べるすべもないが
瀋陽の故宮は、騎馬民族の威風を残していて
見どころ満載だった。
中国の宮廷では、殿と呼ばれる建物は、皇帝が政務を
執り行う場所であり、宮と呼ばれる建物は、皇帝の
プライベートな場所だと、ガイドから説明があった

瀋陽故宮は市内中心部にあるとはいえ
見学には順序があり、市西部の清福陵、北の昭陵
と回って、故宮を見学というルートが、歴史の流れに
合致しているようだ
そのためには公共交通では不便であり、ガイドを
雇うことをお勧めします。

福陵の景色、中央は隆恩殿、
d0038545_22531015.jpg
   瀋陽故宮の大政殿、八角形は、騎馬民族のゲルの形を
      表しているという


d0038545_22594387.jpg
  瀋陽故宮の鳳凰楼、軍事について協議した場所だという
d0038545_23023518.jpg





[PR]

by minamihorie | 2017-08-16 23:26 | 学習中文 | Comments(2)  

高校生の美術、工芸展示会を見てきた

天王寺の大阪市立美術館で開かれていました
公立高校の美術展を見て回り、すばらしい作品に出合いました。
ちかごろの若者は
という前に、こんなに一生懸命な高校生の存在に
うれしくなりました。

偏差値だけでは計れない人間の能力を自分の目で
みることが出来て良かったです。
d0038545_00132203.jpg

おじさん、という題名
よく観察していて何だかうれしい
出来れば購入したいです
d0038545_00144888.jpg

灯り、とても穏やかな気持ちになる

d0038545_00154613.jpg

ちんちん電車、昭和の雰囲気よし
d0038545_00165741.jpg

たくさんの高校生が集まってきていた

d0038545_00181111.jpg

d0038545_00183719.jpg

若者の気持ちがよく現れている力作
d0038545_00201073.jpg

デザイン作品もいいね
d0038545_00205694.jpg

これもいいね
d0038545_00213203.jpg

d0038545_00215119.jpg

若者の元気をもらって帰りました
甲子園もいいけど、芸術もいいですね
[PR]

by minamihorie | 2017-08-12 00:06 | Comments(0)  

加計ありき問題の私的考察

国会の閉会中審議の模様を録画してこの土日で観察していた
いわゆる加計学園問題の参考人招致による質疑である。

学校法人加計学園は、すでに今治市で来年4月開校を目指し
校舎建設を始めている。  まだ、設立認可が下りていない
にもかかわらずである。  京都産業大学が辞退したので、
ほかに競合する大学がないから、自動的に自分のところが
認可を受けると計算してのことだろうが、
地質ボーリングを始めたのが昨年9月
約1年前である。   早すぎませんか??

政権側が何度も釈明のなかで強調する
公平公正な第三者委員会、諮問委員会による
公平公正な議論の結論を受けて、結果四国の
今治に決定した。」

ならば、その第三者委員会は本当に公平公正だったのか
誰が、公平公平な議論が尽くされたと保障するのか
その検証が全く抜け落ちていて、
公平公正だから文句言うな    という姿勢である

ネット上では、議事録なるものが公表されているが
かかわった、ワーキンググループのメンバーの
これまでの経歴、
政権との距離、
役所との距離、
だれの推薦で、メンバーになったのか


なども公表して、「公平公正だ、」  と主張する
根拠を明らかにしてほしいものである。

なにせ特区諮問委員会のメンバーには
あの、竹中平蔵 センセイの名前もあるのだから。



[PR]

by minamihorie | 2017-08-06 23:09 | 日本的社会主義社会 | Comments(0)