<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

人民共和国は繁栄か崩壊か

少しNewPostを休んでいるうちに、立て続けに大きなニュースが
報道されました。

习近平主席の英国訪問とバッキンガム宮殿への宿泊、英国原発
への資金協力。

南沙諸島 (英語読みはスプラドリー アイランド)をめぐり
中国が埋め立てたサンゴ礁の22Km以内の海域へ米国が軍艦を派遣

銀行の預金金利を自由化

独生子政策(一人っ子政策)の停止

どれも新聞の一面を飾るのに不足の無いニュースです。
また、中国をめぐり、さまざまな出版物が発行されています。
「中国共産党政権が主導する社会はは2016年に崩壊する」
とか
2億5000万人の流民工が反乱をおこす
とか、さまざま
「毛沢東の記憶がある限り中共は崩壊しない」
なんていうのもある。
ほんとのことは、10年20年待たないと分からない
世の中何が起こるか分からない。
「共産中国が今後も繁栄を謳歌する」 かもしれない。
現状は、所得倍増計画を打ち上げ、米国から30兆円で航空機を買い付け
ドイツやフランスの大統領は北京もうでで忙しい。
わが世の春 の感じもする。

しかし  「好事魔多し」 と昔から言う
おっさんは長生きして中国共産党の行く末を見届けたい。
でもおそらく、精一杯で、頭しっかりしているのは、25年が限界
それまでに結論が出るやろか。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-30 14:01 | 学習中文 | Comments(0)  

粉河寺

関西は好天が続きます。
西国三十三ヵ所の第三番札所、風猛山 粉河寺までは
まず南海高野線で難波から橋本行の急行に乗ります。
高野山の特別拝観があるのでしょう、橋本までは
高野山組が大勢乗っています。
橋本からJR和歌山線に乗り換え、粉河寺で下車します
橋本ー粉川 410円
駅から約1000Mtrをぼちぼち歩いて到着
紀ノ川が南側を流れ、さわやかな風が吹き抜けていきます。
参拝客も多くなく、本堂の中も 400円お布施して
見てきました。  
三十三か所のお寺には入山料を取る寺も多いですがこちらは
入山料は無料です。
本尊は絶対秘仏だそうです。御開帳も一切なしだそうで
そこだけ引っかかります。
民衆救済の仏教の大寺院として、ええんかいなと思いました。

d0038545_19513019.jpg
この特徴ある枯山水のようなお庭が名勝

d0038545_19524796.jpg




d0038545_19532144.jpg
ロータリークラブの人が建てた四つのテストなる碑
1.真実かどうか
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるかどうか

ユネスコの世界記憶遺産の審査にかかわった人たちに教えてあげたいですね






[PR]

by minamihorie | 2015-10-17 19:56 | その他 | Comments(0)  

旅の終わりに 河西回廊の旅

西安の回族の繁華街は盛況だった
以前と違うことは、食事を楽しみにきている人たちが
スマートフォンを持ち、グルメ情報をチェックしながら
行列を作っていたことである。
羊の串焼きの匂いと煙が漂い、人々の喧騒に加え、ゴミの収集車が
騒々しくすり抜けていく。

巨大な人口に加え、独裁政権、社会主義なんだか資本主義なんだか
よくわからん社会体制、貧富の格差拡大、チベットや新疆ウイグル
などの武力制圧している地域の民族問題。
今までは勢いで日本や米、独、仏、英などを利用して経済発展の道を
駆け抜けてきたが、成長したこれからは自分の力で経済を
切り盛りし、13億人に飯を食わさなければならない。

10年後、20年後の姿を見てみたい
それには、病気せず元気でいないとね。

d0038545_20463685.jpg
西安の鐘楼付近、回族街の喧騒


d0038545_20483690.jpg
                    西安の東の大門

d0038545_20493354.jpg



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-15 20:43 | 学習中文 | Comments(0)  

今天的作业 做文章


<<最喜欢吃的菜>>

 即使都叫中国菜,也有很多种类。

儿童时代有时跟家人一起去吃广东菜。

那时我还不知道广东菜是什么样的中国菜。

但是只有味道留在我的记忆中。

那个菜单之中我特别喜欢的菜是干炸肉丸子

就是不太辣,不太甜,不太油腻。

因为那个菜馆价格便宜,我想吃多少就能吃多少。

点的菜吃得一干二净。

现在到处有551菜馆却味道不一样

我无法享受我喜欢的干炸肉丸子了。

作文では、できるだけ熟語を使うように
心がけています。
今回は 一干二净 たいへんきれいに、
すっかり という意味です。
一、と二を使うのはほかにも
一清二楚 はっきりしている
独一无二 他にはない  などを知っています
値段については、 标签 値札 という単語を覚えました



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-14 20:52 | 学習中文 | Comments(0)  

南京事件 再度の私見

南京事件で中国共産党が主張するのは、300000人の
膨大な犠牲者数である。
これは、日露戦争における日本軍の戦死者の3倍にあたる。
300000という数字がどのような実態のものか、
やや細かくなるが考えてみたい。
一つは、死者をだれがどこに埋葬したのかということである、
300000人の遺体を冬とはいえ、放置していておく
わけにはいかない。   これだけの犠牲者を埋葬するのに
どれくらいの人手が必要になったのか。
資料では、赤十字の関係団体が関わったとされているが
大虐殺が発生している現場にとどまって、犠牲者を埋葬する
勇気と体力と器具を兼ね備えた人が何千人もいたのでしょうか。
その点が疑問の一つです。
仮に3け月で埋葬を終えたとして、その間、日本軍は
死臭の漂う南京城壁内で食事を作り、作戦に従事する日々を
送ったのでしょうか。 

 私の養父は工兵隊の軍曹として今の鄭州や開封あたりで
任務についていましたが私に対しての話では、日本軍は軍律が厳しく、
中国人とのトラブルは見たことがなかった。 中国人は、家の前に机を出して食事していたが、自分たちよりいいものを食べていた。 と言っていた。

また、銃弾は常に不足していて、銃弾を使うと、隊長からしかられた
とも言っていた。

恒常的に、銃弾不足の日本軍が、300000人を殺害する
動機も能力も持ち合わせていなかったと考えるのが妥当である。
一人一発の銃弾では撃ち殺せないから、100万発以上の銃弾が
必要だったことになる。
何の目的で民間人を全員殺害したのかもわからない。
戦闘後に南京の人口が増えていたという資料もあるようだ。

大量の銃弾を南京だけで使ってしまったら、後々の作戦に
支障がでて、中国兵に攻撃されたら、銃弾不足でどうにもならない。

わたしは、民間人への誤射がまったくなかったとは思わない。
相手は軍服を脱ぎ捨てて南京市内に隠れたゲリラ兵たちである。
軍服を着ていなければ、民間人か軍人か判断できない。
民間人だと油断していたら、後ろから撃たれたということはあっただろう

ベトナム戦争や、イラクでのアメリカ軍による民間人殺害は
映画 「プラトーン」 や 「アメリカンスナイパー」 にも
取り上げられている。
これも、軍服を着ていないゲリラ兵との戦闘がいかに困難かを
示したものである。
仲間を殺された時の復讐の心は、鬼である。
「やられる前にやった」 ということはあったに違いない。

日本政府も、「まったく何もなかった」 とは言っていない。
罪なく殺された人たちには、哀悼の気持ちを持ち続けなければ
ならないのは、言うまでもない。
しかし、それと、300000人を振りかざし、偽写真や
戦場を見ずに報道したイギリス人や、当時中国に大きな権益を持っていたドイツ人などの、国民党の協力者たちの話を持ち出して,日本を口汚く糾弾する事は別問題。
80年後の今、南京事件を持ち出して我が国を叩こうとする共産党の姿には
違和感しか感じない、




にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-13 23:00 | 学習中文 | Comments(0)  

南京事件が世界遺産だと、えげつない

走后门 という中国語があります。(走後門)
裏から手を回す。 という意味ですが、今回の
南京事件の世界記憶遺産登録は、中国人の裏工作文化の
真骨頂です。
だいたい、ユネスコなる国際機関たるもの、
共産党独裁体制を牽いている中華人民共和国の主張を
ほかの民主主義国家と同様にあつかうことが馬鹿げています。
ワイロ しか考えられません。

南京大屠杀纪念馆のホームページには、早くも
祝世界遺産の文字が見えます。

10年ほど前に南京大屠杀纪念馆へ行きました。
その時はまだ拡張されていなかったですが、300000
という数字はしっかり壁に刻んでありました。

中に展示されている人骨は、南京の「雨花台」 という場所から
発掘されたそうですが、日本軍が殺したかどうかなんて
判断しようがありません。 日本軍の使ったという銃弾も
あったが、その銃弾で撃ち殺されたかどうかなんて、
どうして確定できるのでしょうか。
逆に雨花台は、蒋介石が反対者を虐殺した場所だそうで、
真犯人は蒋介石というのもアリではないでしょうか。

写真も、誰がいつ撮影したのかわからない写真ばかりで
有名な日本兵が中国人とおもわれる人間を日本刀で切る
写真も、私のような素人が見ても、影の方向がちぐはぐで
すぐに合成写真だとわかります。
ある意味こんな見え見えな偽写真を飾っていること自体すごい。
さすが、重さが表示の半分しかない商品を堂々と売りつける
人たちです。

また、日本人の反日左翼ジャーナリストたちの協力も見逃せません
ここでも、慰安婦ねつ造の朝日新聞がでてきますが、本多勝一が
「中国の旅」の連載を始めたのが、昭和46年 (1971年)
ちょうど文化大革命が悲惨を極めていた時代です。
これは私の推測ですが、文化大革命の実態が知られるのを
おそれた共産党指導部が、朝日新聞や本多を使って
文化大革命への批判をそらすために、資料を提供して
この連載を書かせたのではないでしょうか。

井上靖さんは、かつて南京から揚子江の船旅をするため、
下関という場所に立ち寄っています。
ここは、泳いで逃げる国民党の兵隊を日本軍が機関銃で
掃射し大量の死体が浮かんでいたといわれる地域です。
しかし、井上靖さんは、著書の中で一言もそのことには
触れていません。
すなわち本多勝一が中国の旅を連載するまでは、南京大虐殺
なんて中国人にもあまりなじみがなかったのです。

日本が太平洋戦争で負けて敗戦国になり、東京裁判で日本の
残虐さを強調するために、南京をとりあげ、松井石根や
谷寿夫などが戦犯になりました。
敗戦国になった日本には悲しいけれど、虐殺がなかった
ことを証明する能力も機会もなかったのです。
当時の日本軍には30万人の人間を殺すだけの銃弾は
ありませんでした。
ただ、国民党の軍服を脱いでゲリラとなった中国人は敵として
殺した、当たり前です、戦争だから、敵を殺さなければ自分が
殺される。
その辺のことは平和ボケした日本人には理解できない。
以前、森繁久弥さんがアナウンサーを務めた「南京」という
当時のニュース番組を見たが、食料を求めて並ぶ南京市民の
姿が鮮やかに写っています。 虐殺された側が、虐殺した側に
食料を求めに行くでしょうか。 

余談ですが、田原総一郎さんは自身の自伝
「塀の上を走れ」 の中で、 「昭和30年代から40年代に
かけては、マスコミ関係者はみんな左翼だった。
社会主義国家が理想だと本気で信じていた。」と書いている。
小田実や開高健、大島渚、高野孟、などは左翼の仲間だったらしい。
田原さんは比較的早くにソビエトへ行き、社会主義国の実態を
知った人だったが、なぜか、「帰国後、ソビエトの実態は怖くて
他人にしゃべれなかった。」
とも書いています。 当時の世の中の風潮を表わしていて面白い。

記念館には10年前でも、日本から修学旅行に南京に来ている
学校があり千羽鶴が飾られていました。 南京大虐殺を
世界遺産に登録させてしまった過ちから、私たちは、
私たち日本人の中にも確信犯の共犯者がいることを
忘れてはいけないでしょう。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-11 09:28 | 学習中文 | Comments(2)  

西安の沸騰

西安を6年ぶりに旅行した。
前回の雰囲気と大きく変わっているのは、観光客の
増大と、西安のアミューズメントパーク化だった。
始皇帝の兵馬俑も、大雁塔も、明時代城壁も、テーマパークの
一部となっている。
地下鉄も2路線開通していて、人の流れもすごい。
地下鉄が開通したのだから、渋滞が緩和されたかというと
逆に混雑がひどくなっている。
西安は大学の町なので、若者が多いのも熱気の原因なのかもしれない。

古来から西安には多くの学生が集まってきた。
弘法大使空海、伝教大師最澄、阿倍仲麻呂、吉備真備
それに最近になって存在が分かった、井真成
当時のトップレベルの頭脳たちは、遣唐使として
海を渡り、西安までいって勉強した。
その人たちが帰国後活躍して、今の日本の骨格を作り上げた。
日本人が西安(長安)にもつ思いは、これらの先達から
引き継がれている。


d0038545_09182256.jpg

西安の大雁塔は玄奘三蔵法師様ゆかりの場所、傾いてきている

d0038545_09190918.jpg
d0038545_09242075.jpg
兵馬俑の起射俑の靴の裏、細部までリアル

d0038545_09245733.jpg
同じく鎧の金具、鋲の一つ一つと、皮具が形作られている

d0038545_09253340.jpg

d0038545_09261580.jpg
将軍の俑(参謀とも)だと説明していた

d0038545_09265545.jpg
西安の地下鉄、鐘楼駅ができていた。これで中心部へのアクセスは格段に向上した
金曜の夜だったので、人出が半端でない



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-09 08:58 | 学習中文 | Comments(2)  

鳴沙山にて

まだ敦煌のことです

敦煌は砂漠の中のオアシス都市なので砂漠の中にある
あたりまえやけど
砂漠と言ってもタクラマカンに吹く風が砂漠の砂を河西回廊につながる
この辺りまで運んできて、堆積させたものである。
大変キメの細かい砂で、歩くと足をとられてしまう。
砂丘、(といっても高低差100m近くある)の上までは
簡便な木製のはしごのような階段がつけられていて、上がっていける。
15元とられるが、係の連中は、何人登ろうと自分の給料に関係ないのか
食事に熱心で、おっさんには関心ない。
こちらも15元を握りしめて入口から入って行ったが、何にも
いわないので、そのまま登って降りてきた。
巨という珍しい名前の悪徳女ガイドが、砂よけの靴カバーを30元で配布したので
30元払ったが、トリップアドバイザーの口コミだと
15元と案内してあった。
15元は悪徳女ガイドのもうけなのか。

そのガイドがゴビ砂漠ではなくゴミ砂漠というだけあって
煙草の吸殻や、ペットボトルが散乱していて、気分のいいものでは
ありません。
こいつらが社会的なマナーを身につけるまで、まだ30年くらいかかる
のではないかな



d0038545_09491802.jpg

d0038545_09495664.jpg
砂漠の中に伏流水が流れているのでしょうね
小さい池があります。
上からだとよくわかる
三日月の形をしている

d0038545_09512225.jpg




にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-07 10:10 | 学習中文 | Comments(10)  

新疆ウイグル旅行と食べ物のこと

シルクロードといってもパックツアーですから基本中華の
安っすい料理でした。
ツアーですから一人だけよそへいって食べるわけにいきません。
ツアーの食事食べてしまったら、さらに夜市で食べる力なかったです。
それでも食べることはその土地でしかできない体験です
がんばりました。

ツアーの中華、豆を炊きこんだような料理、よくわからん

d0038545_20012170.jpg
敦煌の沙州夜市でロバのミンチ肉を挟むハンバーガー
結構いける
d0038545_20033215.jpg

d0038545_20075426.jpg
羊の串焼き一本4-10元くらいでした
d0038545_20061651.jpg
沙州夜市の中のスープ屋、辛そうな店ですね
d0038545_20123822.jpg
トッルファンの屋台、羊の頭のあら炊き
d0038545_20221090.jpg
パン屋さん
d0038545_20262669.jpg





にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-02 20:31 | 学習中文 | Comments(2)  

玉門関と漢時代の長城

相変わらず敦煌の周りにいます。
玉門関と漢の時代の長城です。
いずれも、ただの干からびた土くれにしか見えません。
この場所にあるから値打ちがあるのであって、ほかの場所では
すぐに取り片付けられて、ショッピングモールになってしまうでしょう。
西安から飛行機で2時間くらいの場所です
おそらく1500Kmは離れているでしょう。
途中飛行機からは祁連山脈の万年雪が見えます。
「凄いところに来たな」 ですね


荒野の中に文字とうりポツンとある玉門関
漢の時代の税関の遺跡らしい。
タクラマカン砂漠の南側、西域南路のホータン付近でとれる
玉を西安に持ち込む際にここで申告してというが
商人たちは正直にここを通って玉を運搬したのやろか。

d0038545_09141271.jpg
d0038545_09151100.jpg
d0038545_09143513.jpg

漢の時代、今から2000年以上前の長城の最西端
北京からここまで続いているとは想像するだにものすごい
d0038545_09203077.jpg
祁連山脈をひとっ飛びです、万年雪からとけた水が
ふもとのオアシスに命を注ぎ込んでいます。
古来幾多の人が歩いてこの辺りを往来したのでしょう

d0038545_09184384.jpg




にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-01 09:29 | 学習中文 | Comments(0)