<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

護王神社と茅の輪くぐり

ここのところ、土日のスケジュールが埋まり
パソコンに向かう時間がありませんでした。
そんな中、今年上半期の世話焼きおばさんが世話を焼くのは、
ロシアの女性と、ドイツのひげもじゃ青年。

ロシアの女性で日本に何の目的で留学したのかを聞いたら
神道に興味があるからだという。
神道には、なぜ、イスラームのハデイースや、キリスト教のバイブル
のような経典がないのかと聞かれても答えに詰まってしまいます。

日本の神様は、大神神社や白山神社や、浅間神社のような、山や滝など
自然自体を、ご神体として崇める神社、
菅原道真公や、加藤清正公、それに護王神社の和気清麻呂公など
人を神様として祀った神社
伊勢神宮や出雲大社のように、天照大御神や、大国主命などの
国作りの神話の世界と一体となった起源をもつ神社
さらに、八坂神社や、伏見稲荷のような民間の豊作祈願、病気平癒などの
信仰が進化した神社、
神社といっても、さまざまな成り立ちがあり、とても説明しきれません。

それでは、実際に案内して体験してもらうしかないでしょうという結論に。
そこで、先週のことですが京都の御所近くの護王神社へ。
ちょうど夏越しのお祭りで茅の輪くぐりができました。
護王神社は、和気清麻呂公と、清麻呂公を助けて
大分県?までお連れしたイノシシのシンボルで有名です
また、足腰の神様として大勢の中高年の(自分も含め)みなさんが
お参りしておられました。
また、当日ちょうど天皇、皇后両陛下が京都においでになっており、
独の青年は陛下にお目にかかりたいと言っておりました。

d0038545_21284297.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
[PR]

by minamihorie | 2013-06-30 21:21 | 散散歩京都 | Comments(0)  

田植え体験

香川県で田植え体験してきました。
耕運機を運転して大活躍。
前日、久しぶりのまとまった雨で、水不足の心配が
少し和らいだ讃岐平野。
今日は日差しのきついかんかん照りです。
ヤンマトンボは飛んでくるし、蛙は跳ねているし
日本の水田の風景は素晴らしいです。
でも、耕作放棄地も目について、複雑な心境です。
秋においしいお米がとれることを祈っています

d0038545_223218.jpg

[PR]

by minamihorie | 2013-06-16 22:03 | その他 | Comments(0)  

八尾市太子堂

おっさんの先祖は大阪府八尾市出身
大阪は古来3つの国にわかれていました
すなわち、河内、和泉、摂津 である
八尾市は河内の中にあり、南河内と呼ばれてきた。
河内の国は、南北に細長く、現在の守口、門真、東大阪、八尾、松原、河内長野
などにまたがった土地である。
八尾氏は、古い歴史を持つが、今文化財といえるものはそう多くない
戦乱と都市化が古いものを持ち去ってしまった。
その中で太子堂は、聖徳太子が、物部氏との騒乱を勝利したことに
由来する場所である。
d0038545_19375931.jpg
d0038545_19385311.jpg


聖徳太子様の前に毘沙門天が現れ、勝利を予言した
おっさんがいつもお参りする信貴山と同様
毘沙門天が祀られています

[PR]

by minamihorie | 2013-06-02 19:37 | 河内ぶらぶら | Comments(0)