<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

年賀状

新年明けましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いいたします 
 皆様のご多幸をお祈り申し上げます

年月の過ぎていくことの速いこと、先人は「光陰矢のごとし」と言い表しました。
現代は「光陰レーザーのごとし」 とでも言えばよいでしょうか。
昨年は多くの中国人観光客が我が国にやってきて、高額な買い物をする姿が
メデイアで紹介されました。また、多くの日本人が上海万博に出かけました。
人や商品の往来は多く、中国は日本にとってなくてはならない商売相手です。
ですが我々は中国及び中国人とどのように付き合っていけばよいか、
本当の所判断できないでいます。真の戦略的互恵関係とはどのような関係
でしょうか。我々にはどのような戦略が選択可能なのでしょうか。
 平成二十三年元旦
[PR]

by minamihorie | 2010-12-31 20:06 | おっさんの自己紹介です | Comments(4)  

高峰秀子さんのこと

26日の日曜日に、TSUTAYAで、DVDを5本借りてきました
男はつらいよフーテンの寅シリーズが2本
イラクでの爆弾処理班を描いた  「ハートロッカー」
吉永小百合さん主演の       「母べえ」
それになぜか             「24の瞳」

このなかで、おっさんが感動したのが、高峰秀子さん主演の
壷井栄 さん原作  「24の瞳」  でした
大晦日の今日昼ごろ、この白黒のDVDを見て、時々涙していました。
そうしたら、夜7時のニュースで、高峰秀子さんが28日に肺癌で亡くなった
と報道していて、びっくりしました。  なにか予感のようなものがあったのか

「母べえ」 も戦争のむなしさ、独裁政権の恐ろしさを描いた作品ですが
「24の瞳」 は、もっと深く、人生の不平等さ、人間の強さを
くっきりと訴えてくる映画でした。
高峰秀子さんありがとう
合唱

d0038545_23313223.jpg

梅原龍三郎画伯の描いた高峰秀子像
何度かいても目が大きくなるのは、目に強烈な力があったからといわれる



[PR]

by minamihorie | 2010-12-31 19:49 | 映画 | Comments(2)  

読書しました

d0038545_846219.jpg

国家の命運 薮中三十二 元外務省アジア大洋州局長、外務事務次官 
★★★ 
d0038545_8472017.jpg

街道をゆく 中国江南のみち  蘇州ー杭州ー绍兴ー宁波 1970年代の旅行記
司馬さんが生きておられたら、今の中国の経済発展を
どのように描写されるでしょう。
司馬さん物なので、★はつけられません
d0038545_8475319.jpg

同和と銀行  森功
かつて、三和銀行と飛島会会長の小西邦彦元理事長(故人)とのあいだの
巨額の金の動きを時代背景を描きながら克明に記録したノンフィクション。

この事件で逮捕された三和銀行の行員のなかには、かつておっさんと
面識のある人も含まれていて、びっくりする供に、気の毒に思いました。
★★★★
d0038545_8482647.jpg

政治とカネ  海部俊樹
自民党時代も、民主党でも構造は変わっていないでしょうね、カネがなければ
有力政治家になれないのは今も昔もおんなじでしょう。
★★★
d0038545_17222147.jpg

甘粕正彦 乱心の曠野  佐野眞一
「阿片王 満州の夜と霧」 に続いて、満州に自分の王国を築いた
甘粕大尉、満映の理事長となるまでの歩みを、生存している関係者や
その親族への取材と、徹底した資料調査で記した講談社ノンフィクション賞
受賞の力作。
満州という幻国家の実像に迫る、おっさん推薦の書。
★★★★★

11月から12月にかけて読んだ本です。
[PR]

by minamihorie | 2010-12-29 08:46 | その他 | Comments(0)  

漂白剤付キノコ騒ぎ

小学生调查发现市场上九成鲜蘑菇被增白剂污染

北京市の小学生が、家庭での経験がきっかけで、
販売されているキノコの調査をしたところ、なんと市場で売られている
キノコの九割以上が、漂白剤で汚染されていると研究発表した。
その話が市民の間に伝わり大騒ぎになっているようだ。

役所もほっておけずになり、安全だという調査結果を発表したが
北京市民のほとんどの人が、役所の発表より、小学生のほうを
信じているらしい。 いかにも中国らしいニュースに可笑しさを感じてしまう。



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2010-12-25 20:33 | 学習中文 | Comments(0)  

今年もお餅つきが無事終わりました

親戚の家でお餅つきです。 毎年の恒例行事です。
おっさんが知っているだけで、もう60年以上続いています。
d0038545_1784570.jpg

年代物の道具たちですが、まだまだ現役でがんばってくれています。
d0038545_17105924.jpg

この石臼の置き台は、おっさんの、おじいちゃんが作ったものです
d0038545_1713771.jpg

これは、エビ餅、乾燥サクラエビを三袋分入れます。
d0038545_17152789.jpg

海苔餅です
d0038545_17165783.jpg

これは、ゴマ餅を取りわけているところ
あと、黒豆を入れた、豆餅も作ります。
d0038545_17192940.jpg

薪で焚くので残った火で、干し魚や、肉をあぶり、おでんを温めます。
d0038545_1722566.jpg

葱マグロをあぶっています。
d0038545_182184.jpg

出来上がった熨斗餅、おいしそうでしょう
[PR]

by minamihorie | 2010-12-23 17:08 | その他 | Comments(2)  

司馬遼太郎記念館散策

司馬遼太郎氏は、最初大阪市西区の長堀通りに建っていた、高級アパート
通称、マンモスアパートに住んでおられた。
江戸時代はその辺りには土佐藩の大阪蔵屋敷があった。 坂本竜馬との
縁もそのあたりに由来しているかもしれない。
おっさんは、小学生のころ、おばさんが、たまたま、そのアパートに
住んでいたので、何回か行ったことがある。 アパートとは、いうものの
マンションという言葉がなかったので、アパートと呼ばれていただけで、
それは立派な建物だった。   記憶ではかなり上層階だったと思う。
おそらく昭和34年から36年頃ではなかったろうか。
普通の家では、ちゃぶ台で畳の上で食事をしていた時代に、床の上に毛の長い
カーペットを敷いて、家の中でペットのマルチーズを飼っていた。
そんな、超モダンなマンションに司馬さんが同じ頃に住んでおられたのである。

d0038545_18202881.jpg

さて、インドネシアのお嬢さんが、建築オタクなもので、今回。安藤忠雄さんの
設計した司馬遼太郎記念館へ出かけた。
芦屋とか、西宮とか、帝塚山ではなく、どちらかというと、下町の、近鉄奈良線の
沿線の河内小坂という駅から、わかりにくい道を歩いていかなければならない。
(おっさんは、交通費を考えて、車で出かけたが。)
敷地は広く、庭は雑木林のようになっている。
住んでおられた家はそのままにして、敷地の中に、アーチ型のアプローチを
設けた記念館が建っている。
中は撮影禁止なので、外観だけを撮影しました。
d0038545_18213390.jpg

館内は、地下1階の書庫に下りていきます。大きな窓から、下に向かって光が入る
設計になっている。 壁面がすべて蔵書棚になっている、司馬さんのおおよそ
6万冊の蔵書の内、ここには、約2万冊が展示されているという。
普通の図書館の蔵書棚と違い、司馬さんが読み、利用した文献の量だと思うと
司馬さんのの脳の中には何ギガのデーターが入っていたのか、信じられない
光景である。
訪れている参観者は、おっさんのような中年以上の人が目立つ。 
中高年もいいが、ぜひ、高校生や中学生が、課外授業や、遠足で訪れてほしい
場所ではないでしょうか。

d0038545_18232392.jpg


書籍コーナーで、司馬さんの著作である、「街道をゆく19 中国江南の道」
を買って帰りました。  専用カバーでくるんでもらったのでよかったです。
d0038545_20502597.jpg

[PR]

by minamihorie | 2010-12-18 18:20 | 学習中文 | Comments(2)  

HSK4級に合格しました

11月に受験したHSK(漢語考試)4級に合格していました。
今日ネットで検索したら、発表されていました。
聴き取りは  78点
読み取り   97点
作文     77点
300点満点中、合計252点でした。

次は、いよいよ5級に挑戦です
来年3月に向けて、寝ていた脳を起こす必要があります。
中国語検定準1級は、後回しになりました。(自信ないし)

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2010-12-14 14:14 | 学習中文 | Comments(2)  

やってみなはれ

今日の勉強 中国語教室「にてメモしたもの

看の用法
看には、さまざまな使い方がありますね
あなたどう思う、 你看怎么样  Nǐ kàn zěnmeyàng
やってみなはれ  试试看吧  Shìshì kàn ba
言うてみなはれ  说说看吧  Shuō shuō kàn ba
聞いてみなはれ  问问看吧  Wèn wèn kàn ba
食べてみなはれ  吃吃看吧  Chī chī kàn ba
頼んでみなはれ  托托看吧  Tuō tuō kàn ba

连‥‥都の構文
‥でさえ‥だ  ‥さえ‥だ
これも、必ず覚えなければならないですね

疲れて一歩も歩けません
累的连一步都走不动
Léi de lián yí bù dōu zǒubúdòng

怒っていて、ご飯も作らない
气的连饭都没做
Qì de lián fàn dōu méi zuò

このような短文は、使うと中国語らしく聞こえますね


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2010-12-05 21:34 | 学習中文 | Comments(2)  

今年も残り少なくなりました

来年は平成も23年となり、おっさんの中で、平成の比率が
だんだん高くなります。
年賀状を出すころになると、喪中の欠礼のはがきも届きます。

今年も昭和の香をプンプンさせていた、諸先輩が鬼籍に入られました。

作家の 「井上ひさし」 さん、きりきり人は、面白かったですね。

日曜朝のTBSサンデーモーニング に張本さんと一緒に出演されていた
「大沢啓二さん」

声優の 「野沢那智さん」 0011ナポレオンソロ 毎週見てました。

「谷啓さん」  ガチョーンというギャグや、トロンボーンを演奏する姿が妙に
かっこよかったです。

人形作家の 「川本喜八郎さん」 人形劇三国志 これも、毎週見ていました。
曹操や、諸葛孔明の人形が印象的です。

万博公園に、民族学博物館を開設した、「梅棹忠夫さん」 民博は
おっさんも何回か行きました。

そのほかに、シャンソン歌手の、「石井好子さん」
芸能リポーターの 「梨本勝さん」
数学者の 「森毅さん」
女優の 「池内淳子さん」 
俳優の 「池辺良さん」
そして、昭和を飾った作詞家の 「星野哲郎さん」 
昔の名前で出ています  は、名曲ですね

 

ギャグ    插科打诨   Chā kē dǎ hùn
シャンソン  香颂     Xiāng song
子供のころ毎週火曜日人形劇三国志を見る
我小时候每星期二都看木偶剧三国志
Wǒ xiǎo shíhou Měi xīngqī er dōu kàn mù'ǒujù Sānguózhì

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2010-12-04 16:51 | 学習中文 | Comments(0)