<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

韓国から来たワタリガニ

韓国系カナダ人のYang嬢が、関空から帰国して1週間たちました。
一度、ソウルのおばあさんの家へ寄ってから、カナダへ帰るそうです。
昨日夜、ソウルから、EXPRESSで、蟹が届きました。
正式名は カンジャン・ケジャンという、蟹丸ごとの塩辛みたいな食べ物です。
韓国では、ご飯泥棒と呼ぶらしい。、 お酒と調味料と、蟹の持つ塩からさが
まじりあって、不思議な味です。  おっさんの子供のころには、近くの
浜寺海水浴場でも、ワタリガニが獲れました。 懐かしいですね。
蟹とご飯をまぶしあって、美味しく頂きました。
ちょっと塩辛いので、ブランデーの水割りで一杯飲んでから、
明日の中国語の宿題が残っているのに気がついて、だるくなりました。
反省
珍しいものを食べたら、寿命が延びるといいますが、消えた高齢者に
ならないように、しっかりブログに人生を刻みたいと思っています。

d0038545_2038270.jpg
d0038545_20381669.jpg

[PR]

by minamihorie | 2010-08-28 20:38 | 留学生 | Comments(0)  

新しいテキスト

今日の授業から、新しい中国語のテキストを使います。  白水社から出ている。
中国語実習コースです
ロングセラーの教材で、母体は1976年に出版されたと、前文に書かれています。
1976年といえば、1972年に日中国交回復が実現してから、わずか4年後です。
歴史あるテキストで、気持ち新たに、使える構文、聞き取れる単語を、
増やしていきたいです。 中国語検定2級に合格してから、正直サボっていて、
勉強していません。  その上、大阪は、毎日熱帯夜なので、つい、ビールを
飲んで寝てしまいます。  
家は狭いし、自分の部屋もないので・・・・・・などと
言い訳をしていると、二宮金次郎さんの記事が新聞に出ていました。
すみません、薪を背負いながら勉強した祖先に申し訳ないです。
[PR]

by minamihorie | 2010-08-22 10:28 | 学習中文 | Comments(2)  

城崎、お料理の写真

支払った金額に十分見合う内容のお料理、サービスでした。
お茶が何度も出てきます。
てんぷら、フライの料理が出ませんでした。
d0038545_1953691.jpg

前菜
d0038545_19535444.jpg

ヒラメのおつくり
d0038545_1955590.jpg

タコ、タイのおつくり
[PR]

by minamihorie | 2010-08-16 19:55 | その他 | Comments(0)  

小泉純一郎と靖国神社

今年、小泉元首相は、あんなに、愛していた靖国神社参拝に
出かけたのだろうか、  マスコミも全然報じていない。
かつての過熱報道ぶりはなんだったのだろうか。
小泉改革とは、なんだったのだろうか。
[PR]

by minamihorie | 2010-08-16 13:46 | 日本的社会主義社会 | Comments(0)  

植民地支配とは何か

現在の菅直人左翼政権は、村山談話を踏襲し、朝鮮半島の人々に
痛切な反省の弁を述べるという。  村山政権は、自民党と社会党の、
特に当時の自民党の権力中枢にいた、野中、青木、河野、与謝野、亀井などの
各氏によって創られた、政策も、政策目的も、まったく違う政党による、
権力維持ご都合政権だった。
そんな、国民があっけにとられた、村山政権の、社会党支持母体である
労働組合や左翼市民団体を手なずけるために発表されたのが、
いわゆる村山談話である。
すなわち、自民党と、社会党の、政治取引の産物で、国民の
支持を得たものではなかった。
それを、金科玉条のように振り回す、菅直人も、「さきがけ」の一員として、
この談合政治に加担していた一人である。

我が国では、国民の目の届かないところで、このような、重大な政策の
発表が行われてきた。  お上まかせの国民性とはいえ、 われわれは
あまりに政治に関心がなさすぎる。

そもそも、「植民地」 という言葉からして、あやふやな、どうにでも取れる
概念である。
1914年の世界地図を見てみると、  帝国書院発行地歴高等地図 では
仏領西アフリカ、オランダ領東インド、英領インド、仏領インドシナ、などと
記載されているけれど、この左翼系が牛耳る教科書出版会社でも
日本領朝鮮とか、日本領台湾などとは、記載されていない。

朝鮮半島、台湾は、実質的に植民地だった。という意見があるが
植民地という概念自体があいまいなのに、実質植民地という言葉は
余計にあいまいである。

日本人は、ため込む民族である。 お金や国債や、土地や株を、ため込んでいる。
銀行の株式持ち合い、などは典型である。 
我々日本人は、日本の領土をため込みたかったのではなかろうか、貯金や、株と
おんなじようにである。  それが、日本型の領土拡大方法であったと、
おっさんは思うのだが。
 
ゲルマン系、スラブ系、ラテン系などは、収奪する民族である。 
取って自国へ持ち去ってしまう人たちである。  だから、彼らの植民地政策は
中国の近代史の中で、義和団事件の折、北京に攻め込んで、根こそぎ略奪
しつく、円明園に放火して焼き払ってしまった英仏連合軍の行動を見ればよく理解できる。
食糧の収穫や、天然資源の収奪、以外は。投資の対象外であるから、
社会インフラや、厚生施設関係や教育などは、必要最低限しか投資していない。
かれらの植民地は、本来、農園以下でも以上でもない。

日本は、台湾のアヘン撲滅や、天然痘、マラリヤなどの、感染症の撲滅に
膨大な予算を投入した。 台湾大学を筆頭に、台湾全土に学校を作り
台湾の高校生野球チームは、甲子園に出場した。確かに少数山岳民族の反乱は
あったが、それは、全台湾に広がる内容のものではなく、一部族の反乱だった。
台湾人の暮らしは、格段の向上をもたらした (とおっさんは信じている)

都市部では、日本よりも、下水道普及率が高かったという話も聞いたことがある。
だから、日本が敗れ、台湾を去り、蒋介石が台湾に乗りこんだとき、
台湾の人々は、「犬が去り、豚が来た。」 と嘆いた。
犬は、きゃんきゃん鳴いてうるさいが、番犬として(治安を維持してくれる)役に立つ
豚は、ただ、貪り食うだけだ。(ワイロで行政を動かす) の意味
イギリスや、フランスの植民地が、本国よりも社会インフラのレベルが高い
などとは、聞いたことがない。

朝鮮半島についても、社会インフラのためにものすごい公共予算を組んでいる。
鉄道、帝国大学、ダム、病院、教育 などなど
ハングル文字も、一部特権階級、貴族だけのものだったのを、日本が学校を
建てて、却って庶民に普及させたので、ハングル文字を奪ったというのは
旧支配階級の貴族、両班たちのいいぶんである。

しかしながら、朝鮮民族は。台湾とは違って、これを、「押し付け」「侵略」
ととらえた。  創氏改名も、朝鮮人の氏の特異性を理解して考えなければ
ならないのに、ただ、日本が、先祖の名前を奪ったとしか論じられてない。
朝鮮では金、朴、李、梁、崔、盧、黄、などの限られた姓しかなく、同じ金さんでも、
金海金や大田金などの分類でようやくルーツを特定できた。
しかし、この氏族体系では、近代民法を適用しようとすると、婚姻や、相続といった問題で、日本と同じ法令体系にすることができず、
やむなく、氏を作り名を改める、といった作業が必要になったのである。
なにもむりやり日本名に変えられた訳ではなかったので、それなりに理由が
あったのである。
これらの、いわばお節介な近代化政策は、朝鮮では受け入れられなかった
朝鮮では両班という貴族層がおり、彼らを含むエリート層は、日本人を目下と
考えていた人たちである。 喜ばれるわけがなかった。

当時の朝鮮王朝は、外戚の政治介入や、賄賂、汚職で混乱しており
もともと、中国の属国として存在していた基盤が崩れると、今度は
ロシアの属国として、延命を図ろうとし、混乱が続いていた。
日本は、朝鮮がロシアの属国になれば、直接ロシアと対峙せねばならない
恐怖感があった。 ちょうど今の中華人民共和国と北朝鮮の関係と
同じ構図である。
日本は、朝鮮王室に日本の皇族を嫁がせたりしたが、理解はしてもらえなかった。
だけども、相手に理解されなかったからと言って、日本の朝鮮統治方法が
植民地経営であったという話にはならないと思う。 日本人は、日本人の思考方法
から抜けられなかっただけである。

日本人は当時も、先進各国のグローバルスタンダード
を理解し、採用できなかった。 
今日本の技術が、世界標準になりえていないのと同じではないか。
日本標準で、朝鮮や、中国東北部に打って出たため、骨を折った割には
報われず、英国やフランスの領有していた地域の民族たちが第二次大戦後も
旧宗主国と繫がりがあるのとは対照的だ。  

日本の海外領土ため込み政策は、世界標準でなかったが為に、
汚名を着せられているのではないでしょうか。
[PR]

by minamihorie | 2010-08-16 00:29 | 日本的社会主義社会 | Comments(0)  

城崎にて

兵庫県の日本海側、城崎温泉にきています。
西村屋という創業安政年間の旅館に泊まっています。
台風の影響でしょうか、時折ざーっと雨の降る天気です。
城崎には、外湯といわれる、公衆浴場が7個所ほどありますが
どこも、ハイシーズンで、混んでいて、結局西村屋の内湯が
一番落ち着きました。
西村屋の当主の方は、城崎町の町長も務めておられたらしく、
この土地の名家のようです。
大正14年にこの地を大地震が襲い、町全体が壊滅したそうですが
西村屋の当主 (今の当主の祖父のかた) の「町長が、復興に尽力したと、併設している
資料館に述べられています。

城崎は、竹野などの海水浴場が近いので、柳の木の植わったメインストリート
沿いは人通りが多く、ヤンキー風のカップルや、子供の髪を金髪にした親子連れも
多いのですが、西村屋のあたりまでくると、喧騒も落ち着き、
中に入ると、日暮らしの鳴き声と、静寂感に包まれています。
普段すんでいるマンションは、前の道路を走る車や阪急バスの
騒音に悩まされていますが、あこがれの静寂を満喫した夏休みでした。

d0038545_17525149.jpg

西村屋吉の湯の湯船
d0038545_1832115.jpg

同じく福の湯 中国蘇州の庭園風鋪地の文様を配していたのは良かった。
d0038545_18104254.jpg

部屋から望む緑濃き庭
d0038545_18124719.jpg

玄関からみえるお庭

d0038545_18144513.jpg

7つの外湯の一つ、まんだらの湯
[PR]

by minamihorie | 2010-08-13 18:11 | その他 | Comments(0)  

謝ってもらわんでも

韓国人で日本に親近感を持っている人は、約26パーセント。
(それも、アニメ大好き世代がほとんどやないでしょうか。)

30代以上やと、日本を好きな人は、ほぼ零パーセントに近いんとちゃうか。
もう、日本を追い越したと思っているし、実際半導体や、液晶や、空港では、
日本をはるかに凌駕してると思う。
そんな大国である、大韓民国に、民主党内閣、わけても左翼の、仙石、菅は、
日韓併合100年の節目の今年、痛烈な反省の弁を述べるという。
日韓併合は、日本人の犯した大きな過ちだった。

朝鮮半島は日本にとって鬼門である。 朝鮮半島には近づかないことである。
豊臣秀吉は、朝鮮を軍事的に攻めたため、結果滅亡してしまった。
日本は朝鮮と直接戦争しなかったが、半島をめぐり、日清、日露の大戦争をおこし
多くの若者たちが命を失った。
そして日韓併合後、35年にして、国家消滅の危機に陥った。
日本人は、朝鮮半島という鬼門を犯してはならない、ロクナことがないから。

過去にも、日本は韓国にいいこともした、と発言した大臣が
罷免されたり、強制連行はなかったという発言に対し、妄言だと切り捨てられた。
たたりは続いている。
日本人には、反論や、弁解の余地は残されていない。すべて、100年前の
日本人が悪かったのである。  私たちの、祖父、祖母、曾祖父 曾祖母たちは
極悪人だったわけだある。

ただし、従軍慰安婦問題では、私が済州島で慰安婦狩りをやりましたと、
名乗り出たおっさんは、虚言やったし、秦郁彦さんの研究でも、日本軍による
国家的な慰安婦供給体制は存在しなかったと、結論が出ている。
 (民間のいわゆる売春斡旋業者、女衒(せげん)による、勧誘、だましは
あったでしょうが)。

それを、しつこく謝っても、誤ってもらうほうも、もういいかげん迷惑なんと
ちゃうやろか、 過去の傷跡をしつこく見せつけられるようで、韓国のほうから
もおええ加減にしたら、といわれる気がする。

朝鮮半島にはかかわりを持たないこと。
[PR]

by minamihorie | 2010-08-05 21:01 | 日本的社会主義社会 | Comments(4)  

人間まで偽装か、

100歳以上の行方不明者が続々と表に出てきた。
表に出たと行っても、今まで明らかにならなかったほうが不思議です。
大阪府知事の橋下クンが発言していたように、おっさんが子供の頃
警察官が、家庭訪問に来て、家族構成や、近所の様子を聞き取りに
きていた。
それが、個人情報だ、プライバシーだといった、縛りが増えて、
なくなってしまい、人が生きているか、どうかまでノーチェックの時代に
なり果ててしまった。
少し前、お米や、鶏肉や、牛肉や、レンコンの産地偽装がやかましく
報道されたけれど、肝心の人間まで偽装だったとは。

政治家も偽装なら、庶民も偽装、 「所詮この世は夢幻のごとくなり」
と言って能を舞った、織田信長は、実に鋭い観察力を持っていた。

国勢調査は、何を調査していたのか。
住民基本台帳は、何を登録していたのか。
親の年金で食っていたやつがいるなら、本当にええ年して、恥ずかしないんか
教育勅語で育った世代とちゃうんかな。 ええかげんにしてや。
[PR]

by minamihorie | 2010-08-04 22:09 | 日本的社会主義社会 | Comments(0)