カテゴリ:河内ぶらぶら( 8 )

 

浜寺公園駅

子供のころ住んでいた堺市にある、堺市にある数少ない
登録有形文化財の「浜寺公園駅」
日本銀行本店や、東京駅、奈良ホテル、などを設計した
明治日本の名建築家の
「辰野金吾」氏の設計です
辰野氏が駅舎として最初に手掛けた設計といわれている。
おっさんが子供のころ、お世話になった駅です。
木造でペンキ塗りの瀟洒な姿は、みんなに親しまれていた、
南海電車が高架にするため、駅としての機能は
停止するようです。
すぐ近くに空地を設けていて、そこに引っ越すようです。
大丸心斎橋のように解体されなくてよかったです。
ちなみにこちらの駅の近隣地区は、住宅専用地域の中にあり
古くからの高級住宅地で、駅前に商業施設はほとんどなく、
飲み屋もなし、銀行のATMもなし郵便局も役所の支所もなし、
コンビニもなしで、今でも住んでいる友達たちは、
ほんまに不便と嘆いています。
d0038545_22391045.jpg






[PR]

by minamihorie | 2016-02-04 22:44 | 河内ぶらぶら | Comments(0)  

心斎橋大丸が建て替え

心斎橋大丸が耐震とか、老化とかで建て替えになり、
昨年末で閉館になりました。
おっさんの子供の時かずっとあった大丸。
おっさんの叔母さんは、大丸の近くで婦人服の
仕事していて、大丸が大好きでした。
大丸の館内を熟知していました。
おっさんも買い物は主に大丸でした。
デパートは夢を売る世界、イオンなどには決して無い
雰囲気があります。都会の象徴ですね。
地方にお住まいの方にはエラソウで申し訳ない。

美しいエレベーターのデザイン
d0038545_16100915.jpg

d0038545_16110011.jpg
御堂筋側扉の上のステンドグラス、イソップ物語を題材にしている

d0038545_16120761.jpg
1階化粧品売り場の天井、美と夢の世界


d0038545_16124456.jpg

階段の大理石には、ところどころに化石が見える
ウィリアム・ヴオーリスのデザインは直線しか使って
いないのに、温かみのある模様を描き出している。

d0038545_16131437.jpg

御堂筋側外側扉のデザインはウサギとカメです
d0038545_16140702.jpg
心斎橋側のデザインは孔雀のレリーフ





[PR]

by minamihorie | 2016-01-31 16:24 | 河内ぶらぶら | Comments(2)  

天神橋


d0038545_20145441.jpg
天神橋筋は、日本一長い商店街で有名です
喫茶店、いわゆる純喫茶も目につきます
中心は大阪天満宮
天神祭はこの天満宮のお祭りです
そこでこんな店を見つけました

げら    笑い上戸のひと、すこしのことでよく笑う
いけず   意地の悪い人 にくたらしい人 知ってて教えない
ごんた   わんぱく、悪党
やつし   おしゃれが好きな人(あまり良い意味でなく)
古い大阪弁は品がいい

気散じ(きさんじ) 聞き分けのいい子ども、
なおす       しまいこむ (この食器なおしといて)
すかたん      間違うこと、へまをする人
いちびり      おどけ者、おっちょこちょいな人
          自動車のナンバーを8888にする人
などなど。
今年もよろしくお願いします


[PR]

by minamihorie | 2016-01-02 20:29 | 河内ぶらぶら | Comments(4)  

大阪のお祭り 難波八坂神社

天神祭は全国的に有名ですが
こちら難波八坂神社の夏祭りは、地域の風物詩。
子ども布団太鼓や神輿がねりだして、お囃子も結構情緒あります。
周りはマンションに囲まれてはいますが鐘の音は遠くからも聞こえます
少子化で若者がいなくなり、消滅したり、休止になる
お祭りが多いと聞いていますので、関係者、参加した
ボランテイアの方々、実務部隊の皆さま、ご苦労様です。
d0038545_08401009.jpg

[PR]

by minamihorie | 2015-07-23 08:47 | 河内ぶらぶら | Comments(2)  

当麻寺ぼらぼら

奈良県の当麻寺は二上山、われわれは<にじょうさん>と呼んでいる
の東の山ろくにあり、真東に藤原京の中心と、三輪山を見ることができます。
お寺の創建は古く紀元612年、聖徳太子の弟の孫にあたる、當麻国見さんが
もともと河内国交野にあった寺を移したことに始まるそうです。
司馬遼太郎さんはこの辺りの出身のようですね。
境内は広く多くの塔頭があり、それぞれ国宝級の御本尊様や立派なお庭を
所蔵しておいでです。

d0038545_16030194.jpg
門前町の風情を残す山門付近

d0038545_16043353.jpg
本堂、中に入ると中将姫様が一夜で織ったと伝わる御本尊の曼陀羅(文亀曼陀羅
を拝観できる

d0038545_16033241.jpg
日本最古の釣鐘(国宝)
d0038545_16035704.jpg
西南院のお庭は素晴らしい、おっさんイチオシです


d0038545_16074683.jpg
西南院のお庭に造られた水琴窟と池に映る西塔


d0038545_16081083.jpg
睡蓮の咲いているお庭、ボタンやシャクナゲは5月中頃までが見ごろとのこと


d0038545_16021387.jpg



d0038545_16023695.jpg
門前にある古民家を利用した釜めし料理の店、玉や  お昼にちょうどいいが、お値段はやや高め




[PR]

by minamihorie | 2015-06-04 16:10 | 河内ぶらぶら | Comments(2)  

河内ぶらぶら、槇尾山 施福寺

和泉山脈の槇尾山の山中にある施福寺は、西国三十三ヵ所の霊場の
四番目霊場で、大勢の霊場巡りの人が訪れていました。
ここは、駐車場から三十分ほど山道を歩かなければ行くことができません。
鶯が鳴き、新緑の中を歩くのは気分爽快ですが、階段はそこそこきつい。
おっさんは、水とお菓子をバックに入れて、本堂へ向います。

d0038545_16543292.jpg


本堂で御朱印をいただくと、馬頭観音像が60年に1回の御開帳でした (500円で)
 その由来は、1000年ほど前に花山法皇が粉川寺から、山道を歩き、
施福寺に向かったが、山が険しくて難儀した。 その時どこからともなく
馬の鳴き声を聞いて、勇気づけられ無事に参拝できたというお話です。

案内には、花山法皇足守の観音さん とあり
巡礼、ハイキング、あるこう会、登山、などの歩くことにご利益の
馬頭観音様でした。


d0038545_16552106.jpg

d0038545_16562438.jpg
奥の山影は金剛山、手前は岩湧山方面
d0038545_17321956.jpg

深山路や、ひばら松原 わけゆけば
槇尾の寺に 駒ぞ勇める


[PR]

by minamihorie | 2015-05-06 17:19 | 河内ぶらぶら | Comments(0)  

河内でなく和泉やった

岸和田市阿間河滝、さてなんと読むでしょう
その通りに発音して、あまがたき と読みます
日本の地名は読み方特殊なのがあってむづかしいですね
大阪でも、吹田 すいた ふきたではない
杭全 くまた
放出 はなてん  
河堀口 こぼれぐち   天王寺区にあるがどないしたら読めるんやろ
立売堀 いたちぼり  
などなど。
今日は高校の同窓生のミニコンサートということで
岸和田の山手 というか山間部へ出かけました
カーナビだと約65Kmと出ましたが、高速使ったので
片道約1時間で到着した。
会場は、「むくの木ホール」 といいます
広い敷地内に築数十年か百年かの大きなお屋敷があり
空いているスペースにオーナーが音楽専用の建物を建設されたもの
この辺りの家はみんな大きな家ですね。
同窓生の弾くピアノの音色と共演のウクライナ人の弾く
ビオラの音色、そして敷地内の巨木や緑に心洗われたいいひでした

一方今日は沖縄の辺野古では、大きな抗議集会があったようですが
米軍基地が徐々にでも減少していくことを願ってやみません。
d0038545_21504678.jpg



d0038545_21511256.jpg

[PR]

by minamihorie | 2015-02-22 21:50 | 河内ぶらぶら | Comments(3)  

八尾市太子堂

おっさんの先祖は大阪府八尾市出身
大阪は古来3つの国にわかれていました
すなわち、河内、和泉、摂津 である
八尾市は河内の中にあり、南河内と呼ばれてきた。
河内の国は、南北に細長く、現在の守口、門真、東大阪、八尾、松原、河内長野
などにまたがった土地である。
八尾氏は、古い歴史を持つが、今文化財といえるものはそう多くない
戦乱と都市化が古いものを持ち去ってしまった。
その中で太子堂は、聖徳太子が、物部氏との騒乱を勝利したことに
由来する場所である。
d0038545_19375931.jpg
d0038545_19385311.jpg


聖徳太子様の前に毘沙門天が現れ、勝利を予言した
おっさんがいつもお参りする信貴山と同様
毘沙門天が祀られています

[PR]

by minamihorie | 2013-06-02 19:37 | 河内ぶらぶら | Comments(0)