フラガール(フラフラおっさん)

いつものように夫婦で2,000円で近くのシネコンへ出かけました
今日はフラガール を鑑賞。アカデミー外国映画部門の日本代表としても
選ばれれいるようで。お話として、ハッピーエンドという結果が
わかっているのですが、なかなか楽しめました
松雪泰子がすばらしい

なにを隠そう、おっさんは、いつも行くフィットネスクラブで、5年まえから、
約2年半の間、フラダンスのコマを選んで、毎週日曜レッスンにでていました。
そこのフィットネスクラブの年末パーテイの余興で、フラのチームが
出ることになり、おっさんも呼ばれて、特訓を受けたのです。
男はおっさん一人で、わざわざ、アロハシャツを買いました。
フラフラおっさんの誕生でした
踊ったのは、パーリーシェル(真珠貝)

今、その時間は中国語の授業に当てているので、フラは行ってません。
でも、踊りはいいですね、やってるときは一生懸命で、ほかの事忘れてできるから。

ステップと、ハンドモーション(手話)が基本のフラは、年齢関係なく踊れるし
足腰のストレッチをかねて動くし、今日本中でフラブームなのがよくわかります
いつも時代の半歩先を行くおっさんです。

ところで、今日北朝鮮が核実験を強行したとか。
北朝鮮も、フラとまでは行かなくても、なにかエンターテイメントで
国興しをすれば、周りの国から観光客を呼んで、生活していけるのに
アリラン祭りのマスゲームはパスしますが
[PR]

by minamihorie | 2006-10-09 13:17 | 映画 | Comments(1)  

Commented by TATSUYA at 2006-10-09 14:08 x
初めまして、達也です。

『フラガール』、ホントにいい映画でした。
難波の新設TOHOシネマズなんばで
観たのですが、帰りに買った
パンフレットめちゃ豪華で、
細部に至るまで、いい作りです。
ブログにアップしましたので、
もし買い忘れていたら、ぜひご覧ください。
あの感動が蘇ります。
そしてまた、ウルルン。

P.S トラバさせてくださいね。


<< 我感冒了不舒服 秋の夜長にCHICAGOを聴く >>