サンクトペテルブルグ見てきたまま 終 初のバレー鑑賞

人生初のバレーを鑑賞
ロシアが世界に誇る、マリンスキー劇場
当日の演目は、バヤデルカというタイトルの古代インドの
舞姫と戦士の悲しい恋の物語でした。
チケットはロシア旅行社に手配してもらいました。
白鳥の湖とかクルミ割り人形などと違いストーリーが
分かりにくかったけど、50Pでパンフを買って(英文あり)
なんとか食らいつきました。
とにかく、ダンサーの滞空時間の長さ、回転の速さに
圧倒されました。  さらに、緞帳や、舞台の装飾も
素晴らしいものでした。
前から3列目でしたので、指揮者が目の前でタクトを
振っていて、臨場感が嫌でも高まります。席といえば
皇帝席と呼ばれる特等席があり、いつかあそこで
観劇してみたいですね。
ノースリーブの女性客もいれば、セーター姿のイタリア人
観光客もいて、常識的な(できればお洒落な)服装であれば
かまわないようです。場所がホテルから徒歩30分ほど
かかりますので、ロシア人の知人が帰り道を心配してくれて
残念でしたが2幕終了時点の9時に劇場を出ました。
また是非訪れたいです。
  
d0038545_22261153.jpg
劇場の全景
d0038545_22270907.jpg
緞帳がすばらしい

d0038545_22281784.jpg
皇帝席と呼ばれる特等席

d0038545_22293478.jpg
一つ一つの装飾が美しい
d0038545_22304319.jpg






[PR]

by minamihorie | 2017-06-16 22:31 | Comments(2)  

Commented by wenniao at 2017-06-19 10:14
演目もさることながら、やはり劇場の雰囲気ってとっても大事だと思います。とてもいい経験されましたね。
中国の知識階級の方ってバレエとかクラシック音楽をされる方が多くて、さすがヨーロッパと地続きなんだなぁって感じることがあります。ロシア、とっても行きたくなりました!レポありがとうございました(^O^)/
Commented by minamihorie at 2017-06-19 17:31
wenniaoさん
サンクトペテルブルグ、イチオシです
東京圏からでしたら、成田→モスクワで国内線へ→サンクトですので、楽ですね。
モスクワで入国審査、一旦荷物を受け取って国内線にチェックインしますが。入国審査の検査官が無愛想で横柄なのを我慢すれば難しくはありませんでした。
 

<< 遼寧省見てきたまま ② 9・1... 遼寧省みてきたまま ① 満... >>