不動産登記と外国人

不動産登記は真の所有者を保護するための制度です
不動産登記をしていれば、他者がその不動産の
所有を主張してきても、自分の所有の権利を
守ることができます。
建物は登記していなければ固定資産税がかからないので
登記しない人も多いようですが、売却時に困ります

日本人なら、土地を現金で買うなら
印鑑登録も必要ありません、認め印で可能です
あとは、住民票、身分証明書(運転免許証など)
基本これで登記可能なようです

ですから、今全国各地で中国人が不動産を買いあさっている
という報道に接する時、そうだろうなと思います。
基本金さえあれば買うことができるのです。
もっとも外国人が不動産を購入するのに関わったことが
ないので、不確かな話ですが。

今日の産経新聞によりますと、北海道では
東京ドーム何十個もの土地が中国人によって
取得されているそうです。
この場合は、島でなく、岩だ などと言われないので
堂々としたものです。
その土地に、チャイナタウンを造ることも可能でしょう
何年か先、中国人の安全を確保するため、という名目で
人民解放軍が北海道に進駐するかもしれません
東シナ海尖閣諸島で譲歩しないことが
なにより大切です。





にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2016-08-01 23:07 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 三宅八幡宮 アンパンマンとポケモン >>