中国は国連裁定に従え

オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は7月12日、
中国が独自の権利を主張する境界線「9段線」に国際法上の
根拠はない、との判決を出した。南シナ海問題を巡る初の
司法判断で、提訴したフィリピンの主張をほぼ全面的に認める
結論が出た。

裁判所は、中国が自国の島だと主張する、すべての海域は
岩や、暗礁で、島ではないとし、中国の主張を退けた

中国共産党は中国に不利な判決が出ることを予想し
裁判所の決定など、ただの紙切れだ と言い放ち
強気の姿勢を崩さなかった
しかし、国際機関の判断を無視して、自国の主張を
押し通すのであれば、これはもう国際社会の一員とは
認めがたい。
また、中国のこのような態度を見逃すなら
国際機関の権威が失墜し、中国に追随する国家が
続出して、世界は大混乱に陥る可能性がある。

中国は、強気で押し通すなら、今後は、国連安全保障理事会の
常任委員の椅子を明け渡すべきであり、そうしなければ
他国の安全保障問題に口をはさむなど、できるわけがない。
中国の強気な領土の野望が自国の安全を脅かし始めている

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2016-07-12 23:20 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 世界の悪役、中国共産党 パソコン調子悪し >>