伊藤忠、中国語が標準語に

伊藤忠商事は、社員の四人の一人、約1000人に
中国語をマスターさせる方針を発表しました。
高度な会話ができる上級社員が200人、  (現状75人)
流暢な中国語ができる中級社員が300人、 (現状85人)
基本的な日常会話ができる社員が500人  (現状200人)
を目標としている。
対象者には夜間や休日に語学学校で習得を義務づけるそうです
大変ですね商社の社員は。夜の残業を減らして、朝方の就業を
目標としている伊藤忠さんではありますが、残業はなくしても
夜や休日はお勉強なのですね。
ほかにも。スペイン語や、インドネシア語、ベトナム語などなど
習得しなければならない言語がいっぱい。

伊藤忠は特に中国でのビジネスに注力していますから
今後は社内での共通語は中国語になるかもしれませんね。
そうなると、毎日職場で 干什么 走走 说说 などの掛け声が
かかってやかましくなるでしょうね。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-12-04 08:26 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 中国でも人気の pocket ... 神戸中華会館の文化祭 >>