南京事件が世界遺産だと、えげつない

走后门 という中国語があります。(走後門)
裏から手を回す。 という意味ですが、今回の
南京事件の世界記憶遺産登録は、中国人の裏工作文化の
真骨頂です。
だいたい、ユネスコなる国際機関たるもの、
共産党独裁体制を牽いている中華人民共和国の主張を
ほかの民主主義国家と同様にあつかうことが馬鹿げています。
ワイロ しか考えられません。

南京大屠杀纪念馆のホームページには、早くも
祝世界遺産の文字が見えます。

10年ほど前に南京大屠杀纪念馆へ行きました。
その時はまだ拡張されていなかったですが、300000
という数字はしっかり壁に刻んでありました。

中に展示されている人骨は、南京の「雨花台」 という場所から
発掘されたそうですが、日本軍が殺したかどうかなんて
判断しようがありません。 日本軍の使ったという銃弾も
あったが、その銃弾で撃ち殺されたかどうかなんて、
どうして確定できるのでしょうか。
逆に雨花台は、蒋介石が反対者を虐殺した場所だそうで、
真犯人は蒋介石というのもアリではないでしょうか。

写真も、誰がいつ撮影したのかわからない写真ばかりで
有名な日本兵が中国人とおもわれる人間を日本刀で切る
写真も、私のような素人が見ても、影の方向がちぐはぐで
すぐに合成写真だとわかります。
ある意味こんな見え見えな偽写真を飾っていること自体すごい。
さすが、重さが表示の半分しかない商品を堂々と売りつける
人たちです。

また、日本人の反日左翼ジャーナリストたちの協力も見逃せません
ここでも、慰安婦ねつ造の朝日新聞がでてきますが、本多勝一が
「中国の旅」の連載を始めたのが、昭和46年 (1971年)
ちょうど文化大革命が悲惨を極めていた時代です。
これは私の推測ですが、文化大革命の実態が知られるのを
おそれた共産党指導部が、朝日新聞や本多を使って
文化大革命への批判をそらすために、資料を提供して
この連載を書かせたのではないでしょうか。

井上靖さんは、かつて南京から揚子江の船旅をするため、
下関という場所に立ち寄っています。
ここは、泳いで逃げる国民党の兵隊を日本軍が機関銃で
掃射し大量の死体が浮かんでいたといわれる地域です。
しかし、井上靖さんは、著書の中で一言もそのことには
触れていません。
すなわち本多勝一が中国の旅を連載するまでは、南京大虐殺
なんて中国人にもあまりなじみがなかったのです。

日本が太平洋戦争で負けて敗戦国になり、東京裁判で日本の
残虐さを強調するために、南京をとりあげ、松井石根や
谷寿夫などが戦犯になりました。
敗戦国になった日本には悲しいけれど、虐殺がなかった
ことを証明する能力も機会もなかったのです。
当時の日本軍には30万人の人間を殺すだけの銃弾は
ありませんでした。
ただ、国民党の軍服を脱いでゲリラとなった中国人は敵として
殺した、当たり前です、戦争だから、敵を殺さなければ自分が
殺される。
その辺のことは平和ボケした日本人には理解できない。
以前、森繁久弥さんがアナウンサーを務めた「南京」という
当時のニュース番組を見たが、食料を求めて並ぶ南京市民の
姿が鮮やかに写っています。 虐殺された側が、虐殺した側に
食料を求めに行くでしょうか。 

余談ですが、田原総一郎さんは自身の自伝
「塀の上を走れ」 の中で、 「昭和30年代から40年代に
かけては、マスコミ関係者はみんな左翼だった。
社会主義国家が理想だと本気で信じていた。」と書いている。
小田実や開高健、大島渚、高野孟、などは左翼の仲間だったらしい。
田原さんは比較的早くにソビエトへ行き、社会主義国の実態を
知った人だったが、なぜか、「帰国後、ソビエトの実態は怖くて
他人にしゃべれなかった。」
とも書いています。 当時の世の中の風潮を表わしていて面白い。

記念館には10年前でも、日本から修学旅行に南京に来ている
学校があり千羽鶴が飾られていました。 南京大虐殺を
世界遺産に登録させてしまった過ちから、私たちは、
私たち日本人の中にも確信犯の共犯者がいることを
忘れてはいけないでしょう。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-11 09:28 | 学習中文 | Comments(2)  

Commented by wenniao at 2015-10-16 21:05
世界遺産ニュースにはびっくりしました。
今はパワー前回な中国ですからね・・・
昔秋口に北京に旅行していた時ホテルでTVをつけていたら
急に玉音放送が聞こえてきてビックリ。
そのあと虐殺シーン等などが写り、
「我々はこの事実を決して忘れはしない」というような
内容のテロップが流れ。政府広報だったようです。
昼間は中国の方皆とっても親切だったのでこのギャップは
衝撃的でした。
メディアの力も強いですから心配。みんながみんな、正しく理解しようと思ってくれればいいのですが。
Commented by minamihorie at 2015-10-17 19:34
wenniaoさん、社会主義という考え方は、理想であって、
現実にはありえない制度です。ソビエトもその矛盾の中で
崩壊し、封建主義社会へ逆戻りしました。中国の指導部も
体制を維持するためには敵を作って一時しのぎしないと
どうしようもないのです。
かつては、地主や知識階級を反動分子という敵にして悲惨な文化大革命を引き起こしました。今はそれもできないので、日本を敵に仕立て上げて、共産党は敵から国民を守っているんだよ、みんな共産党を信じてついておいでよ。と言っているのです。
人民がどう思っているのかはわかりませんが。

<< 南京事件 再度の私見 西安の沸騰 >>