西安の沸騰

西安を6年ぶりに旅行した。
前回の雰囲気と大きく変わっているのは、観光客の
増大と、西安のアミューズメントパーク化だった。
始皇帝の兵馬俑も、大雁塔も、明時代城壁も、テーマパークの
一部となっている。
地下鉄も2路線開通していて、人の流れもすごい。
地下鉄が開通したのだから、渋滞が緩和されたかというと
逆に混雑がひどくなっている。
西安は大学の町なので、若者が多いのも熱気の原因なのかもしれない。

古来から西安には多くの学生が集まってきた。
弘法大使空海、伝教大師最澄、阿倍仲麻呂、吉備真備
それに最近になって存在が分かった、井真成
当時のトップレベルの頭脳たちは、遣唐使として
海を渡り、西安までいって勉強した。
その人たちが帰国後活躍して、今の日本の骨格を作り上げた。
日本人が西安(長安)にもつ思いは、これらの先達から
引き継がれている。


d0038545_09182256.jpg

西安の大雁塔は玄奘三蔵法師様ゆかりの場所、傾いてきている

d0038545_09190918.jpg
d0038545_09242075.jpg
兵馬俑の起射俑の靴の裏、細部までリアル

d0038545_09245733.jpg
同じく鎧の金具、鋲の一つ一つと、皮具が形作られている

d0038545_09253340.jpg

d0038545_09261580.jpg
将軍の俑(参謀とも)だと説明していた

d0038545_09265545.jpg
西安の地下鉄、鐘楼駅ができていた。これで中心部へのアクセスは格段に向上した
金曜の夜だったので、人出が半端でない



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-10-09 08:58 | 学習中文 | Comments(2)  

Commented by haichaolu at 2015-10-13 17:07 x
今日は。コメント有難うございます。
中国を各地を旅されているようで羨ましいです。
かつて西安へは博多から留学僧などが目指した古都ですね。
私は2001年に1度行ったきりです。
その時分はそんなに混雑はありませんでしたが、西安の城壁や兵馬俑には感動しました。
日中の関係が普通になれればいいですね。
Commented by minamihorie at 2015-10-13 20:46
haichaoluさん、コメントありがとうございます。
隣同志と言うのは残念ながら関係悪くなると
顔もみたくなります。最初にちょっかい出したのは我が国のほうですが、すぐに、千头万绪,千方百计などの成語があるように
100倍、万倍にしてやり返すのはどうなんでしょうか。

<< 南京事件が世界遺産だと、えげつない 鳴沙山にて >>