西域の旅 まえがき

昨日帰国しました。
今までの中国の旅とは違う経験でした。
同行添乗員なしで行くとしたら、おそらく帰ってこれなかったかもしれません。
夜11時過ぎの飛行機に乗ったり、朝4時半のモーニングコールは初体験でした。
添乗員もしっかりした女性で、小柄ながらパワーありました。
でなかったらこんなコース任されないでしょうね。

新疆ウイグル自治区は中華人民共和国なのでしょうか。
中華人民共和国という強大な国家に飲み込まれた地域という
感想を強く持ちました。
もっともウイグル族という人々とは、言葉が通じないので
彼らの本音を聞くこともかなわなかったですが。
これからしばらくは今回の旅日記となりますが、本人頭に
血が上り、血圧も上がり、のぼせておりますので訳のわからない
文になるやもしれませんが御容赦ください。


敦煌の鳴沙山に登った 入山料15人民元
d0038545_16092837.jpg
延々と続く風力発電の風車の列
トルファンから敦煌(柳園南駅)に向かう和諧号の車窓です
d0038545_16122792.jpg
莫高窟は圧巻です
d0038545_16162867.jpg
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。


[PR]

by minamihorie | 2015-09-20 16:03 | 学習中文 | Comments(4)  

Commented by arip314 at 2015-09-21 06:38
パリから日本への便が午後23:20発でしたが、日本行きなのと空港なのでまぁ大丈夫かと思いました。遅延したりしたので、初めてだとなかなか厳しいと思いました。

桂林へ行ったとき広州から桂林行きが乗客が少ないのか飛ばず、11時過ぎの最終便になったことがあります。そのときは添乗員さんがいて、空港からホテルはバスでした。想定外の発生が多くパワフルな方でした。
Commented by minamihorie at 2015-09-21 22:07
arip314さん、今中国各地の飛行場は、自国民観光客、上海や西安などの大都市へ出かける人たちで大混雑です。
また、私たちの団体が搭乗待ちしていると、どんどん割り込んできます。マナーの無い社会は恐ろしいです。
Commented by wenniao at 2015-09-23 10:50
羨ましいです~やっぱり異堺、という雰囲気ですね。
遅延とかそれにともなう乗り継ぎ不安とかを考えると
やっぱり添乗員さんがいた方が安心ですよね。遅延案内も個人旅行だと自分で把握しないといけないから焦ります。
中国ならなおさら何が起こるか未知の世界(笑)
相変わらずまだマナーが行き届いてないのですかね。
一度改装前の大混雑の北京空港で女子トイレで暴動を目の当たりにしたことあります。
(長蛇の列の観光客と割り込み中国人おばさん軍団のバトルです。こわっ!!)
Commented by minamihorie at 2015-09-23 13:23
wenniaoさん、順番まもっていたら、殺されるか、逃げ遅れる可能性があります。どこにいても食べ物食べるのも、次にいつ食べることができるか分からないからだと思います。
生き残るためにルールなんか何の意味もないということでしょう。わからんでもないが、日本人とは相いれない価値観ですね。

<< 西域の旅 新疆ウイグルという地域 ウルムチ、トルファンへ >>