言論の不自由の限界

揚子江の客船の転覆事故、そして天津の大爆発
批判されることを極度に嫌がる共産党政権の未来は?

「経済は永久に成長しない。」
当たり前のことであるが、これに挑戦して永遠に成長させたいと
考えている国家が、中華人民共和国である。
しかし可能なのだろうか、  不可能である。
経済を循環発展させるには、技術革新がひつようである。
技術革新には「なぜ」という問いかけが必要である。
なぜ海の水は辛いのか。雷はどうして落ちるのか。
なぜホタルは光るのか。  科学はなぜ?の力で進む
さらに疑問の輪は広がっていき、普段の生活にも疑問が起きる
なぜ私たちの社会には選挙がないのか。
なぜ共産党の政権でなければならないのか。
この疑問、なぜ? が一番困る
なぜ?という疑問を持ってはいけないのである。
なぜ?がない社会に発展や技術革新があるだろうか。
たいへん大きな矛盾に中華人民共和国は向き合っていかなければ
ならないのである。
饅頭たべたいが、饅頭こわい。  



にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2015-08-19 16:05 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 这个星期的作业 天津大爆炸 >>