八十場のくずきり

香川県の坂出駅から高松方向に一つ乗ったら八十場という無人駅があります。
駅から数分のところに、 「清水のところてん」 というお茶屋風のお店の看板が
目に入ります。看板には創業200余年と記されています。
d0038545_18422241.jpg
d0038545_18385186.jpg
おっさんは、黒蜜のくずきりと、黒蜜のきなこのかかったところてん、を注文しました。
さわさわと風が吹き抜ける店内に座っていると、200年前の旅人になった気分
水がいいから、ところてんも、くずきりも、つるつると喉を通っていきます
すぐそばには、涸れたことがないという清水が湧き出ています。
いわゆるオーラが出ている場所にあるのです。
また、四国八十八か所霊場の第79番、天皇寺がほぼ隣接してあり、
お遍路さんの姿が多いです。
おっさんも今回初めて、御朱印帳を買い求め、78番 郷照寺、79番 天皇寺、
80番 国分寺、の各お寺で御朱印を押してもらい喜んで帰りました。






[PR]

by minamihorie | 2015-04-30 20:23 | 讃岐ぶらぶら | Comments(0)  

<< 北京散散步 孔庙,国子监 北京散散步 北京大学 >>