武汉旅游第一

去年お世話した  (おっさんは、中国語の勉強でお世話になった)
留学生の住む武漢へ行ってきました。
関空9時半発の中国東方航空で、上海浦東で乗り継いで、武漢まで。
上海で乗り継ぐのは初めてでしたし、飛行機おくれたので、若干あせり戸惑いましたが、
持ち前の語学力? で、乗り切りました。
武漢空港では、ムンちゃん(我々は彼女のことをこう呼んでいた) と、お母さんと
お父さんまで出迎えてくれて、お父さんの友人の方が運転する
トヨタの12人乗りのワゴンで、最初に古琴台という場所へ
d0038545_21133845.jpg

古琴台とは、月湖の湖畔にあります。琴の名手、兪伯牙という人が
自分の感情をこめて琴を弾いていると、樵の、钟子期さんが、まるで
高い山から水が流れてくるようだと、ほめたたえたので、兪伯牙さんは
このひとは、人の心が分かる人だと意気投合しました。
のちに钟子期さんが亡くなると、兪伯牙さんは、自分を理解してくれる人が
いなくなったのを悲しんで、二度と琴を、弾かなかったそうです。
「知音」とは、中国語で、自分を理解してくれる親友のことを指すのは
この話からきているそうです。

d0038545_21162436.jpg

古琴台から見た周辺。 巨大な劇場がそびえている。
中国の建物は皆大きさを競っている。 さすが面子の国だと、まず感心
d0038545_21204886.jpg

建設中のマンション群のすごいこと、圧倒される。
日本では一挙に高層マンション6棟建設というのはまずお目にかかれないのでは。

でも、このあとすぐ、もっと具体的に中国と中国人の凄さを思い知らされることになります
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2013-05-07 21:13 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 武汉旅游第二 知音 旅の支度ができました >>