作りながら走る、中国新幹線の旅

中国鉄道の高速化が急ピッチである。
昨年は上海から南京まで乗り鉄しましたが
今回は長春龍嘉駅から長春、長春ー吉林を乗り鉄

駅舎はまだ、建設途中、長春龍嘉駅なんどは、ホームの半分だけ
できていて、残り半分はまだ、コンクリート打ちっぱなし状態
安藤忠雄先生の作品か
駅までの通路も掘り返したままで、もうちょっとなんとかできんのか
空港にいた公安に、あそこの駅までどうやっていくの
と聞いたら、ただ一言、  走  という指示
なんやねん
d0038545_2192981.jpg

長春龍嘉駅の周りは土木工事中で掘り返している
d0038545_2223303.jpg


d0038545_2110265.jpg

駅のホームは安藤忠雄先生の設計状態
d0038545_21102454.jpg

ホーム 站台 の足元には、停車する列車番号が書いてあるが、擦れて消えかかって
d0038545_21104591.jpg
d0038545_2111266.jpg

長春駅は建設中なので、出口まで極めて長い距離を歩かされる
利用者は文句言うなという雰囲気で満ちている。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2012-07-19 21:10 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 満州国の残影  難易度の高い長春 >>