大気汚染測定するなって

在中国(北京)アメリカ大使館が、大使館内で測定した大気汚染情報を
ネットで公開したところ、中国政府から内政干渉だと抗議された。
要は、アメリカから、面子をつぶされたわけである。

中国人は面子が何よりも大事な民族なので、アメリカは地雷を
踏んでしまった。
もっとも、アメリカ大使館は、北京に滞在している自国の国民の保護
という観点からみると誠にまっとうな仕事をしているわけで
中国からなんら文句を言われる筋合いはない。

中国人民も自国の政府の発表より、アメリカのデーターを信頼している
ようで、、中国政府の発表は信用されていない。
もともと、北京の大気汚染はひどく、おっさんも2年前の夏に北京で辟易した
アメリカ人の心配はよくわかります。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2012-06-15 09:40 | 学習中文 | Comments(0)  

<< 教室再開可能か 長城が長くなった >>