中国のビール

d0038545_830681.jpg

南京から上海へ戻る社内販売で買ったビール
その名もチベットビールは、久しぶりに飲んだ不味い
ビールであった。
なにもチベットの自然や水や材料に文句を言うわけでは
ありません。  わざわざ新幹線の中で、国家政策として
チベットを強調したビールを売る必要はないのでは。
スタンダードな青島や、燕京を売ればよいのに。
ビール一つにも国家と共産党の意思が見えるところが
強烈だ。本当にチベットで作っているのだろうか。?
日本でも竹島ビールや国後ビールを
発売してはどうだろうか。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2011-05-20 08:31 | 学習中文 | Comments(2)  

Commented by お節介じいさん at 2011-05-23 12:47 x
私はビール党なのですが、日本は酒税のためか、ビールが高価なので困ります。だから日本にいる時は、もっぱら発泡酒で我慢しています。
海外旅行の時は、真っ先にご当地のビールを買って、ホテルに帰って、シャワーのあと、一人でグビグビと喉を潤すのが、私の旅の楽しみの一つになっています。中国のビールは安いばかりでなく、地ビールが豊富で、それぞれの土地のビールを味わるので、いいですね。しかし、ビールの質や味にばらつきがあるようです。確かに、不味いビールに遭遇することもありますね。ちなみに、台湾のビールは、甘口のが多いので、私の口に合いません。シンガポールのタイガービールは美味かった。
Commented by minamihorie at 2011-05-26 15:16
中国は世界一のビール大国になり、各地でビール醸造が
さかんなようです。
雪花、燕京、金陵、青島、などなど。お節介じいさんには悪いですが
わたしは、サントリーのプレミアムモルツがおいしいと思います。

<< メデイアは節電に協力せよ 日本人租界で >>