HSK5級の合格証がきました

d0038545_9544566.jpg


合格は合格ですが
聞き取り 50点では、うれしさもいまいちです。
典型的な日本人の語学学習能力で
読み書きできても、聞き取り、話す能力に欠ける。

英語でもおんなじですね。
教科書は読めるけど、相手と話せない。
文法が全く異なるとか、発音が日本語にないとか
それ以前の問題なのでしょう。
日本人は、日本語だけで生活できる環境が何百年も
続いたので、外国語にたいする適応能力が退化した
のではないでしょうか。

でも未来は日、英語、中国語、トリプルができないと
経済的に立ち行かなくなっていきます。
若い人にもっと中国語を学んでほしいです。

中国語を学ぶことは、日本語の語彙を増すことにも
なるとおっさんは考えています。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
意地になる性格です。何卒応援のクリックをお願いします。
[PR]

by minamihorie | 2011-05-15 09:54 | 学習中文 | Comments(2)  

Commented by お節介じいさん at 2011-05-16 23:43 x
合格おめでとうございます。
ところで、聞き取りと話す能力の欠如は、日本国内で中国語を勉強している以上、仕方がないことです。中国でなくても、とにかく国外に出れば、多少は会話力が上達します。私の場合、最初の内は、韓国のチャイナタウンで聴き取りと会話力をつけました。当時、飛行機の切符が、すごく高かったので、私にとって行ける外国は、韓国しかなかったのです。釜山の華僑の友人と一緒に慶州や済州島を旅する内に、自然に中国語力がついてきました。外国人の友達と旅すると、会話力が確実にアップします。安宿で友達と夜遅くまで、日韓問題について、語り合ったことを、今でも忘れません。
ちなみに、その時の友達の分の旅費は、もちろんわたし持ちです。それでも中国語が上達すると思えば、安いものです。おっさんさまも、中国人の友達をつれて、ひとつ温泉にでも出かけてみては、いかがですか?
Commented by minamihorie at 2011-05-17 15:25
お節介じいさんへ、上海では、108人民元で60分足マッサージの間、係の女の子(おっさん担当は安徽省、同行者の担当は湖南省出身)との間で交わした会話が楽しかったです。
日本でベルリッツや、ECCで料金払うよりも、はるかに低費用で身に付く会話ができました。四声も、何度もお手本を発音してくれました。上海には前の会社の後輩(台湾生まれの日本人)がいるのですが、日本語で話してしまうので、駄目ですね。

<< 日本人租界で 中国 詩心を旅する >>