滞在時間24時間で宮崎へ 前半の12時間

JALマイルを使って、宮崎へ行ってきました。
宮崎県の日向市から、宮崎市にかけての海岸地帯は、今年、
家畜の口蹄疫に襲われ、甚大な被害がでたことは、記憶に新しい事です。
どうせ、交通費は、タダなにで、宮崎で、お金を使えばよいかと考えました。

泊まったのは、綾町の、酒泉の杜綾陽亭という、焼酎で有名な雲海酒造が
経営するホテルでした、3階建ての本館と、一軒家の離れがありますが
泊まったのは、本館の12畳和室プラス8畳ほどのリビング付きの部屋で
世話焼きおばさんと二人で泊まるには十分すぎる広さでした。
室内にもヒノキ張りの広く立派なふろが付いていました。
踏み込みや、床の間、洗面などを入れるとおっさんのマンションより広いです。

夕食は部屋食で、地元の有機野菜をふんだんに使った懐石風の料理で
美味しかったです。地鶏と宮崎牛のしゃぶしゃぶも付きました。
地ビールと雲海酒造が作っているワインフルボトル1本サービスもありました。
1泊2食で、一人2万3千円は、大満足でした。
有馬温泉だと、この値段で、この内容は絶対にないと思います。
交通費がないので、強気です。

おっさんは、来年からまた、天中殺がめぐってくるので、鵜戸神宮で、
厄除けのお祓いをお願いしてきました。
鵜戸神宮は、日向灘に面した、自然の海岸の洞窟の中に朱塗りの
鮮やかな本殿があります。 ご主祭神は、神武天皇の御父君。
また、御母君の豊玉姫命が、わが子の育児のため、乳房をご神窟に
くっつけて行かれたという霊石、「おちち岩」が洞内にあります。
昔から、子育て、安産、子供の健康と幸福を祈る人々が、はるかこの
険阻な場所までお参りにやってきたのかと、感慨深いおっさんです。
d0038545_17585046.jpg

鵜戸神宮は、美しい海岸の洞窟に鎮座しておられます
d0038545_17592694.jpg

d0038545_1759576.jpg

d0038545_1804367.jpg

こちらは、亜熱帯植物園のような青島に鎮座する青島神社です。
海幸彦、山幸彦の神話の舞台でありますし、
巨人軍が毎年参拝し、優勝祈願する神社としても有名です
d0038545_2131491.jpg


有機農業  有机农业  Yǒujī nóngyè
ワイン   葡萄酒     Pútáojiǔ
子育て   养孩子    Yǎng háizi
幸福     幸福     Xìngfú

[PR]

by minamihorie | 2010-11-28 18:00 | 学習中文 | Comments(2)  

Commented by rorobird at 2010-11-28 18:13
こんにちは。いい旅行でしたね。
鵜戸神宮ですか。わたしも厄除けしたほうがいいかな。
Commented by minamihorie at 2010-11-28 19:40
rorobirdさん、神秘的なところでした。
本殿でお祓いを受けましたが、鈴で、背中をトントンたたかれました。
厄が逃げていきますように。

<< 滞在時間24時間で宮崎へ、後半... 髪の毛の問題中国編 >>